五百羅漢

北条小学校と中学校に挟まれた
路地を歩いていくと
羅漢寺の脇に出る。
通り過ぎながら塀越しに境内が一望できる。
北条石仏として有名である。
子供のころから、
もう何度訪れたか、
今は亡き
一つ違いの兄にくっ付いて行ったのが初めてだ。

境内に居並ぶ素朴な彫りの石仏が魅力的だ。
実際は459体確かめられているが、
その数をイメージしたのか五百羅漢と呼ばれ
地元の代表的な名所になっている。
表情が違う石仏を見ていくと、
そこには思い人の顔を発見できるという。

石仏の間から顔を覗かせた子供を
写真に写したのを思い出す。
巣立った子供たちが、
羅漢さんと一つになった写真がアルバムにある。
実は父親である私も
子供時代に同じようなことをしているのを、
古い写真が証明している。

近いうちに、
初孫を連れてきて、
同じポーズの写真を撮ってやろう。
親子三世代の、
写真が並ぶのは感動ものでもある。
img025.jpg