父親の知らぬ息子

「そっちはコロナで大変そうじゃけど
大丈夫か?ってさ」
スマホ片手に妻が報告。
長男と妻はlineでやりとりしているが、
父親の私はみそっかす扱い?
「静岡へ転勤したみたい」
この間まで
名古屋で頑張っていたと
聞いている。
勿論妻経由である。
「最近パソコンの前での仕事らしくて、
すごく太ってる」
そうかいそうかい、
スマホで息子の映像を見ているのだ。
こちらに見せてくれたためしはない。
だから、息子の変貌を知らない。
それも10数年前に
就職で名古屋に出た息子のおぼこい顔が、
記憶に残ったままだ。
もしかしたら知らない方が幸せなのかも知らないが、
我が子の変わりようを
この目で確かめたいというのが
親心ってやつだよな。
でも、
「おい、あいつの写真見せてくれ」
なんて女々しい頼みは御免だ。(苦笑)
元気にやっていれば、
それで十分なのさ。
考えてみれば、
私も親とは疎遠な働く青年を演じていた。
この親にしてあの子あり!だよな。(ハハハハ、やせ我慢)

今日の「ふるさと川柳IN加西」応募作品は、
島根県安来市、大阪市西区、加東市河高からのものです。

img004.jpgimg007.jpgimg008.jpgimg006.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント