おひとりさま焼肉

昨日は歯医者さん。
3時半という中途半端な時間の予約。
遅くなったついでに
いつものスーパーを覗いてみると、
ちょうど値引き時間。
多少出遅れた格好で、
すでにお肉おさかなは
ハイエナの群れに(僕もその一人・笑)
たかられていた。
その中へ紛れ込んで、
手に入れたのはビーフ。(
1200円が半額、しめしめ。
せしめた?獲物に満足満足。
「ただいま、おなか減った」
娘の帰宅は必ず予想が外れる。
今日は早い!
急遽、焼き肉にすることにした。
時短に娘の好物。(むろん僕も好物・笑)
他の材料はあまりないが、
厚揚げがある。
畑からキャベツを、
他に玉ねぎ、ピーマンの買い置きがある。
焼きながら(卓上焼肉)
味噌汁を用意する。
そっしてご飯を温める。
万事順調。
「與揚げ美味しい。
揚げ出し豆腐みたい。
ポン酢に合うかも」
意外に娘に気に入られたのは厚揚げ。
まあこれまで
厚揚げを焼肉につかったことないので
フレッシュ感があるのだろうな。
とはいえ、
我が家では極上のビーフは、
焼くそばからパクパク。
娘のおひとり様焼肉、
娘のご満悦な笑顔がいい。
残ればご相伴にあずかるところだったが、
みごと完食!
まあいいさ。
僕は明太子と味噌汁があれば
何も文句はないのである。
img048.jpg