兄ちゃん

二人っきりの兄弟だったことを不意に思い起こすことが多くなった。年を取った証しなんだろうな。でもおかしいことに、兄ちゃんの顔がよく分からない。いつも笑顔だった記憶はあるが、その笑顔がぼやーっとしたままで、焦れったくてたまらないんだ、兄ちゃん。
 仕方ないよな。兄ちゃんが天国に旅立ってから、三十年以上も経つ。俺はもう七十代。まだ認知症とはいかないけど、少しづつ物覚えが悪くなっている。それでも一番忘れてはいけない兄ちゃんの顔が不確かなんて、駄目な弟だな、俺。悔しいし、寂しいよ。
 いや!先立った兄ちゃんが恨めしい。おかげで三十年一人っ子、母さんを見送り、今は脳梗塞に倒れた父さんは寝たきり状態。でも、逃げるわけにはいかない一人っ子だ。本当は甘やかされ育った。頼りない末っ子なのにさ。
 頼りになる兄ちゃんの背中に隠れていればよかった時代に戻りたくなる。ひどい人見知りで、引きこもり状態だったころに。何かにつけて外へ引っ張り出してくれた兄ちゃんが煩わしくてたまらなかったけれど、その気遣いと行動性が、俺に世の中との接点を与えてくれたんだ。人並みに就職し、結婚、こどももを四人育て上げられたのは、兄ちゃんのお節介があったからこそだ。
 定年退職と子供の巣立ちが、俺を田舎の家でまた独りぼっちにしてしまった。世間とのつながりが切れ、高齢にして引きこもりの仲間入りさ。憂さを晴らせる友達は元よりいないし、俺を外へ引っ張り出してくれる兄ちゃんみたいなお節介野郎は当然いない。
 兄弟仲良く白髪頭になっている隣人を見るたびに、兄ちゃんが憎らしくなる。(なんで一人にしちまったんだ!)腹ん中じゃ悪態をついてばかりだ。どうにもならないのに。
 物置に古いアルバムを見つけた。でも開けなかった。天国の兄ちゃんが「俺の笑顔思い出してどうなるんや!いつまでも甘えるな!」と忠告してくれてる声が聞こえたからだ。
img020.jpg

成人式

「お父さん、成人式って
何を着て出席したの?」
ぼやッとしていた時に
いきなり娘が聞いた。
答えに詰まっていると、
「やっぱり羽織袴の時代だよね」
と勝手に決めつけられた。
「まあな、そんなとこや」
曖昧に済ませた。
「やっぱり、そうなんだ。
お父さん、
前世紀の遺物の一人だもんね」
失礼な娘の言葉にも
「ウムウム」と頷くしかなかった。
実は成人式なるもの
行かず仕舞いだったのだ。
当時は姫路の街で
アパート住まい(真実は曲がり生活)しながら
仕事に無我夢中の時代だった。
「成人式の案内が来てるぞ」
実家から連絡はあったが、
仕事を抜ける勇気はなかった。
結局仕事に追いまくられてしまった。
「お上が、生涯たった一度だけ祝ってくれるのに、
勿体ないこっちゃ」
職場の上司に言われて、
(ああ、そうなんや)
事実
それ以降今日に至るも、
お上に祝福を受けたためしはない。(苦笑)
そんなこんなで
損ばかりの人生を送ってきている。
あと少し残っているけど、
少しはお得感を味合わせて貰えるかなあ?

img019.jpg

ガラケー人種

いつも自慢される

高齢者仲間のスマホ自慢。

タブレットとスマホ3台を持ち歩いている。

買い物の支払いは

スマホ決済ときたもんだ。

私といえばガラケーの古い機種1台。

それで十分事足りている。

しかし、

いまや携帯屋から

スマホに替えろ替えろと

矢の催促(?)

ガラケーが完全廃止になるまでは

変える気は毛頭ない。

大体、

今のガラケーの利用も、

市街の高校へ進学した娘との交信のためだけだった。

送り迎えには必須のアイテム。

通話もメールも

相手は大半が娘。

娘が大学を卒業するまでは

結構役に立ったが、

社会人になった今は、

無用の長物化。

それでも

思いついたように

娘のメールが入る。

「今夜は食事いらない」

「今夜は飲み会だから迎え頼むね」

なんてやつばかり。

しかし

このメールや通話が

私を幸せ気分にさせてくれている。

といって、

スマホはもういいいよ。(うん)

img015.jpgimg016.jpg

ナマケモノ

暖冬だというが、
こたつに入ると
なかなか出られない。
今日はあれをやるぞ!と
いつも計画を立てるが、
その遂行は
なかなかままならない。
私の人生、
計画倒れの人生といっても過言ではない。
B型・いて座・ネズミ年・次男の末っ子……
これだけ揃えば
見事なナマケモノになるらしい。
したり顔の友人に
そう決めつけられた。
だからナマケモノなんだろうな。
今年なんか
計画はいっぱい立てたのに
この一月、
紙芝居公演だけしか
まだやっていないではないか。(ガクン!)
残された時間は僅かさというのに、
(また明日やればいい)
愚かな考えを先行している。(ああ~、死ななきゃあ治らない~♪)

こたつで丸くなっていると、
メールが入った。
友人から
この間の紙芝居の写真が送られてきたようだ。
20枚ばかりをプリントして、
一枚一枚目を通しながら、
とりとめのない妄想にふける私だった。(もうどうしようもないね。大苦笑)
img010.jpg紙芝居11124.jpg紙芝居1111.jpg紙芝居11123.jpg紙芝居11125.jpg

娘の演奏

娘がバイオリンケースを手に
家を出た。
職場で演奏するようだ。
退職の同僚を送別する会があるという。
職場仲間がチェロを弾くので
合奏ということだろう。
いまは保育士の娘、
二年前まで
A市のTフィルで
バイオリンを弾いていた。
三歳から初めて
二十年近いキャリアがある。
最近は仕事にかまけて
演奏の機会は少なくなってしまった。
数年前までは
娘が演奏する舞台は
必ず出向いて、
娘の演奏に
うっとりしていたものである。
それどころか、
娘が練習するバイオリンの音色を
しょっちゅう耳にして
幸せな父親気分を味わっていた。
今思えば、
あの時間は至福の時だった。
いまや家で練習する姿を
見ることはなくなった。
父親としては
寂しくわびしい思いを抱えている。
ユーチューブに
乗せている娘の
演奏姿を(娘は知らないでいる)
再生しては
当時の幸せだった記憶の中に浸っている。
もう娘のライブ演奏姿を
見ることは叶わないかも知れないなあ。(しんみり)
img004.jpg

畑にて

夕食のために
必要な野菜を
収穫に畑へ。
畑は大根や白菜などの
冬野菜が
元気な顔を見せている。
「うんとこしょ」と
引き抜いた大根、
かなり太い!
昨年は貧相な出来だったのに、
白菜もちゃんとまいている。
(今日は鍋にするか)
大根は
いつも通りに
常備菜に仕上げる予定。
しかしまあ
吾ながらびっくりの上出来のものばかり。
ただ喜んでばかりはいかないよなあ。
ニュースでやっていたが、
冬野菜は暖冬のおかげで
どこも大きく育ちすぎらしい。
そして
春野菜への不安を伝えていたっけ。(う~ん)

img011.jpg

ふるさと加西むかし話

ことしから
毎月1回上演の
紙芝居に新しいプログラムを加えました。
ふるさと加西の昔話です。
第一回目は
繫昌町に伝わる昔話を
二枚の紙芝居にかきあげてみました。

野のキツネというお話です。
野は市境に広がる
広大な野原のことです。
うっそうとしていて
一度入り込むと
昼日中でも迷い込み
さまようのは間違いない
恐ろしいところです。

青野ヶ原と言います。
昔は松やススキに
覆われた原野で、
キジや野ウサギ、キツネなど
獣がたくさん住んでいました。
そのキツネに
繫昌の村に住んでいる孫兵衛さんが
ばかされるというお話です。
加西の方言
ごっと(ご馳走のこと)
よめどり(婚礼のこと)など
が出てきます。

次回は地蔵さんを取り上げる予定です。

img004.jpgimg010.jpg

ちょっと脱線

23日夜は
市ふるさと創造課のワークショップに参加。
市の未来に提言、
街づくりの実行に
つなげていこうという趣旨の会議。
夜19時からということで、
それまで久しぶりのウォーキング。
北条鉄道の沿線を歩き、
ローカル線の風情を堪能しました。
高校時代、
通学に利用していた時は国鉄。
今は第三セクターで
細々と行き永らえいる鉄道です。
社会人になってKらも数年通勤で使っている
青春まるごとを記憶する駅舎。
いろんな人の出会い、
恋人との語らい、そして別れ……
ちょっとしんみりと
市の有形文化財になっている年代物の
木造無人駅舎で佇んでしまいました。
img017.jpg

公募

ねひめ広場運営会議に
わたしが提案企画するイベントが決定、
チラシと情報が広報された。
ふるさと加西に
暮らす中での
日常を取りあげて
愉快な5・7・5を
作ってみようというもの。
どんな作品が集まるか
楽しみである。
ユニークな作品を
絵手紙的な色紙に
描き上げての展示も考えている。
まずは2月からの
作品の応募を待ちたい。
img015.jpgimg016.jpg

ははははは歯?

ムシャムシャ、ポロリ!(ん?)
てなわけで、
またまた歯医者へ。
といっても、
正月明けから治療中。(苦笑)
ひとつ治ればまた一つ~~♪(やけくそ?)
去年は
一年を通じてまんべんなく歯医者さん通い。
今年も……!
残る貴重な時間を
分捕られてしまうなあ。
診察台で
ぼやーっと
そんなことを考えてしまった。

歯は命!
思い知らされる
我が人生、
あと少し。(しみじみ)
img013.jpg

お買い物

日常を取り戻し、
久しぶりに行きつけのスーパーへ。
時間は4時過ぎ。
この店の値引タイム。
生鮮商品が軒並み安くなる。
半額になることもあるから、
この時間は逃せない。
数年前なら
この時間に出没したのは、
懐が寂しいと
すぐわかるジジババばかりだった
肩身の狭い思いをしながら、
買い物かごに入れた
値引きシールが張られた食品を
裏返して
値引きシールが見えないように
人の目を気にしたものだが、、
最近は猫も杓子もといった感じ。
その時間を狙った買い物客が激増した。
身なりのいい上品そうな奥さんが、
値引きシールが貼られるそばから、
ガバガバ買い物かごに放り込んでいる。
そんな戦況を勝ち抜くには、
体裁を構ってはいられない。

いまや
歴戦の買い物戦士になってしまっている。(あららら?)
img014.jpg

やり終えた日

イベントが近づくと
それに没頭、
他のことは
二の次さんの次になってしまいます。
まして孫のお食い初めの記念日が
ダブると、
もうほかのことは手につかなくなります。
根っからの不器用なのを
改めて思い知らされる
ここ数日でした。
19日、
ようやく令和2年1弾の
紙芝居イベントが無事に終了しました。
それなりの子供たちが
集まってくれて盛り上がりました。
今年から
ふるさと加西の各町に
伝わる伝承や昔話を一つづつ
掘り起こし、
紙芝居仕立てで
プログラムに加えました。
新たな目標に
やりがいが少しアップしたようです。
しかし、
楽しかったなあ!(うん)
img009.jpg

お食い初め

昨夜は1歳になるの孫のお食い初め。
お祝いをもって出かけました。
また二人の孫はともに1月生まれ。
誕生祝いも重なり、
プレゼントも山のよう。(少しオーバー?)
しかし、
外孫はじれったいものです。
抱っこもあやすのも、
向こうの家族に遠慮しながらです。
早く内孫をと心の叫びに
応えてくれるあては、
ないも等しい状況下。
4人の子供がいても、
こればかりは
どうしようもないですよね。
とにかく
「おめでとう、
健やかに成長してね」
自分の言葉がくすぐったいヨー!
img035 (539x800).jpg

令和2年通信第1号

令和2年第1号の
根日女創作倶楽部@まちライブラリー通信が
出来上がりました。
これを配布すれば、
もう後戻りはできません。
気合を入れ直して、
頑張らなきゃ。(うん!)
img012.jpgimg011.jpg

ズキズキ

正月三が日我慢し続けた
歯の痛みがまた帰ってきた。
噛まずに食べられるものをと
プリンを作り置きした。
ヘルシオをこの間買い換えたばかりで、
前のと機能がかなり違うので
今日はフライパンに水を貼り、
じっくりと仕上げた。
ヘルシオのメニュー表に載っているのは、
アルミケース使用になっているので、
フライパンで蒸す形をとるしかなかった。
こちらが使うのは100斤のプラ容器だから、
用心に越したことはない。
生クリームを加えたプリンは絶品だ。

歯の痛み、
すこし収まった感じ。
今のうちに
固形物を食べることにしようっと。(苦笑)
img003.jpg

おじいちゃんの凧

「しゃーないやっちゃのう」
 口とは裏腹に喜色満面の父。
朝起きると
夏休みの宿題が出来上がっていた。
見事な色彩の和凧だった。
幼いころから
お絵かきや工作が
大好きだったと自慢する父。
息子のために
せっせと仕上げた作品は、
よく入賞した。
おかげで私も自然と
お絵かきがうまくなった。
「おら前も
お父ちゃんに似てしもたんやなあ」
 二十年後、
やはり笑顔で孫のため
夏休みに和凧を作った父。
描きなれた和凧の武者絵は、
私の子供たちを感激させていた。
 いま父は脳梗塞で病床にある。
意識も定かではないのに、
残しておいた和凧を
枕元へ持参すると、
不思議に反応してくれる。
 私に作ってくれたものは
残っていないが、
孫のために完成させた
夏休み恒例の和凧作品は十数点、
応接間の壁を占領している。
「ひいじいちゃんの和凧やで、
綺麗やろ」
 帰郷した家族は
自分の子供に自慢する。
じいちゃんの和凧は
家族の絆を担っている。
img013 (622x640).jpg

盗み聞き

「B型なんてありえない」「わかるわかる」
妻と娘の話が佳境に入っている。
うたた寝の振りをしながら、
聞きたくもない話を聞いている私。
炬燵から抜け出せば寒い思いをするだけと、
我慢の子である。そんな私はB型、いやはや。
しかし、よくよく聞いてみると面白い。
テレビ画面では
韓流ドラマの「ヒーラー」が再生中。
その主役のイケメン俳優が
好みか好みじゃないのかと
他愛もない内容だが、
「結局、
あなたの好きなタイプって
おとうさんじゃないの」
思わず耳を疑った。
目・耳・口・輪郭などなど
各部門(?)別に
娘の一押しが私のものらしい。
「そんなんじゃないの。きもい!」
そう反論するのが普通なのに、
娘はだんまり。
イケメン談義に突如登場させられた挙句、
娘の理想とは……!
胸の内でニンマリ。
「お父さんは圏外、お話の対象にならないの」
そうだよね。
父親の出番は今じゃないんだよね。(うん)

img010 (415x640).jpg

お久しぶり

10日。
愛媛県西条市のホームページに
千の風になったあなたへの手紙コンクールの
結果がアップされた。
表彰式に出席するため
早速
路線図を引っ張り出し、
交通手段の検討に入った。
久しぶりの一人旅に
はしゃぐ自分がおかしくてたまらない。
40代ごろまでは、
しょっちゅう東京に出かけていたが、
家族ができて
めったにでかけられなくなっていた。
おかげで、
時刻表を調べるのも
超スロー。
しかし
このプロセスが実に楽しい。
すっかり忘れていた
至福の時と言っても過言ではない。(ウハ、ウハ、ウハ、ウッハッ)
img004.jpg

いよいよ

ねひめ広場運営会議に
顔を出してきました。
企画を提案、
3月に開催を薦めるのは、
『5・7・5でふるさと加西をいいあてっこしよう(仮題)』
提案者なあので、
またしばらくはばたばたしそうです。
ちなみに
月一の紙芝居も、
今年はふるさと加西の昔話を
紙芝居形式で発表することを決めました。
昔ばなしを探し出し、
絵と文に仕上げる試みです。
新年早々、
体調を崩したせいもあり、
ちょっと不安ですが、まずはチャレンジです。

11日に
カメラのSDカードの購入します。
暮れに
かなり食材やなんやかやと買い物が重なり、
カードでの買い物を自粛中なのです。(年金暮らしは大変です)
10日締めで
ようやく使えます。
あと二日で
写真アップを楽しめそうです。(ヒヒヒヒのヒ)
img033 (539x800).jpg

残り運

 加齢とともに目の衰えはとどまらない。
七十で迎えた平成最後そして令和元年では
パソコンのモニター画面を睨み据え、
悪戦苦闘する日々を
繰り返した1年だった。
 老後唯一の趣味となった
投稿や公募の応募も困難を極めた。
ワードで文章作成も、
画面が見えにくいから
余計な半角文字が発生(?)
全く意味不明の文章になることも
少なくなかった。
 といって諦めてしまえば、
老いる一方だ。
画面すれすれで睨めっこ。
原稿用紙一枚作成に四苦八苦の末、
文書を読み直す余裕もなく応募するだけ。
こんなザマで
採用など望むべくもない。
書き上げては
虚しさだけを募らせた。
(え?うそー!)
とても信じられなかった。
全国公募入選の通知が届いたのは、
昨年十二月初め。
奇跡に思えたのは、
立て続けに公募入選通知が3回続いたからだった。
誕生日直前の十四日には
「優秀賞に選ばれました」である。
目の衰えを
一瞬忘れさせてくれる朗報だった。
 一年の帳尻合わせであっても、
書く意欲を取り戻せたのは確か。
さほど強くない
残り運に感謝したものだった。
さて
新しい年は
どうなりますやら。
まだ
長い文章は一時もかけていない。(ふぅ~)

またまた老いのはなし

深夜12時前に
2錠薬を服用した。
きょう診察を受けた医院で処方され、
一日5回の指示を受けている。
毎食後には
別の薬と胃腸薬が1錠ずつ。
カレンダー薬ボックスがいりそうだ。
これまで
高齢者の薬の多さに
揶揄的な立場だった自分が、
同じような道筋を
たどりかけていると
思い知らされる一コマである。

生活支援サポーターの事務局から入った連絡。
担当している何人かの内で
お一人が入院されたと。
詳しくは聞けなかったが、
80半ばのお年から考えても、
すこし深刻な情況を
お迎えになられているのかも知れない。
週1回顔を合わせ
言葉をかけあってきただけに、
順調な回復を
祈ってやまない。

愚痴

さあ写真をと
カメラを手にして
庭先に出たが
「!」
カードが入ってない!
しばらくお預けです。
明日は歯医者と病院の予定。
買い物まで
手は回らないでしょうね。

それにしても
昨日のブログ
誤字の連発です。
目の衰えも
隠しようがありません。
より慎重に文章作成を
心がけようと思いはしますが、
モニター画面を見つめるのも、
かなりな苦労、
さあ、この先どうなるかなあ。(苦笑)
img065.jpg

娘の成長

孫と娘の里帰りも終わり、
また静寂の中に
取り残された感が強い。
さて何をしようかなと
思いはすれど、
やはり正月ボケしているのか、
新進5ともに
ナマケモノ状態を脱し切れていない。
それどころか
低温やけどに見舞われて方が上がらない。
福祉介護士をやっている娘にいわせれば、
高齢化の照明だとか。(ん?)
今朝
家にいる娘からカメラが帰ってきた。
昨春からこども園の教諭に採用されて以来、
わたしの愛車と愛カメラ(?)を
「ちょっと貸してね」
と奪われたっきりになっていたもの。
冬のボーナスでマイカメラを買ったらしい。
カメラは仕事上必須アイテムだから、
当然といえば当然なのだが、
一年働いて
かなり成長したようだ。
喜ばしい限りだ。
娘に負けず
私も加齢による
負の連鎖を耐え抜かねば!(うん)
あーっと、
カメラが戻ってきたので、
これから写真をアップできるかなと、
腕をまくっています。

欲深なおじいちゃんです

令和初の新年を迎え、
気持ちも新たに
老いを忘れての挑戦宣言を
しているが、
今日は第3弾。
ようやく
初孫が来訪、
正月のやり直しを楽しみながら
書き殴りました。
言葉にするからこそ、
その夢実演に走れるのです。
娘夫婦と孫娘二人を向か会えるために
朝方てんてこ舞いしてご馳走を作り上げました。
柵で買ってきたのを刺身にひいて
特上(?)の握りずしを
天婦羅も
普段口にできない食材をそろえ、
茶わん蒸しとステーキと、
今日ばかりは大判振る舞いです。
相当疲れましたが、
まだまだやれる自信を再確認しました。
夢もあきらめず、
老いの一徹をぶつけていくつもりです。(うん!)
新年の誓い③
テレビで山奥やすごい田舎の一軒家暮らしの紹介をやっていたが、多く登場する前向きに生きる高齢者の姿に感動した。七十一を迎えた私の負けん気もメラメラと燃え上がった。
昨年はボランティア活動に没頭したが、今年は身近な暮らしの中に生きがいを見つけ出そうと思う。一軒家ではないが、我が家も田舎のど真ん中にある。周囲は休耕田が多い。これを利用しない手はない。
農家の次男坊に生まれ、コメや野菜づくりのノウハウはある。荒れた畑地を耕して野菜つくりを楽しんでみよう。ゆくゆくはコメも作ろうか。マイペースが続けるコツだ。
ひと足早く休耕田を借りた。雑草だらけの農地を耕すのにスコップや備中クワを奮った。機械を頼らぬスロー作業になるが、一つの畝を作り上げた時の感激は何物にも代えがたい。
新しい年。自然と向き合う暮らしを本格的にスタートだ。育った野菜を収穫する日のために、土にまみれる日々を乗り越えていくぞ。

令和に

「いつもありがとう」
「お互い様ですから
気にしないでください」
「毎週かわされる会話もずいぶん慣れました。
生活支援サポーターに参加して一年。
ゴミ出しや草引きなど
日常生活の些細なお手伝いですが、
足腰が弱られた高齢者には
思うように
できなくなってしまったことなのです。
「この間まで
何でもやれてたんですよ」
 言葉に悔しさがありあり。
サポート相手の思いは、
私の数年後を示しています。
高齢化はいやおうなく進みます
。私がサポートを必要とする日も、
そう遠くはないはず。
だから「お互い様です」と
答えてしまうのです。
 春先に実父は脳梗塞に倒れ、
療養施設のお世話に。
見舞うたびに介護スタッフの対応に
感謝の思いに駆られます。
その感謝の思いが
支援サポーター取り組みの
原動力にもなっています。
 サポーター養成講座を何度も受けて、
それまでの他力本願的な考えも改まり、
生活支援の何たるかを叩き込まれた、
いい一年でした。
 令和2年はキャリアアップです。
弱さを思いやれる
生活支援を心掛けて頑張るのみです。(うん)

やるっきゃない

歯痛にも慣れた感じ。
そこで改めて
新年の誓いを
いくつか立ててみました。
その一つが
昨年一年打ち込んだ紙芝居のこと。
まだまだやれそうなものが
ありそうな気がする。
てなことで文章にまとめてみた。

 昨年半ばからスタートさせた月一回の紙芝居公演。子供たちにアナログ表現の魅力を伝え、楽しい時間を共有するために頑張り、大満足で一年を締めくくれた。
 七十一で迎えた新しい年、年男の私も、さすがに加齢の影響があちこちに現れている。発声も若い頃のような勢いがなくなったし、動きも鈍くなったのを実感する。
「もう年なんだから、ゆっくりしたら」
 妻や娘は皮肉を込めた忠告をくれるが、そう簡単にやめられない。紙芝居を楽しみにしてくれるちいさなファンの笑顔と期待は裏切れない。しかも、紙芝居はアンチエイジング手段なのだ。企画運営で脳の活性化、紙芝居の表現で記憶力や瞬発力の再生と、至れり尽くせりといっていい。
 地元の伝承や話題を紙芝居に取り上げてみたい野望(?)もある。まだまだ老いとは仲良くしていられない。紙芝居の醍醐味を味わいつくす一年にしますか。

やる気はあるんだが、
新年早々の歯痛だった。
この一年は
なにか波乱万丈に
過ぎてしまいそうな
予感を覚えている。(ゾクゾク)紙芝居.jpg

元旦散々

年が明けてから散々である。
いまだおせちもお雑煮も口にしていない。
元日の朝、
襲われたのが歯痛。
昨年末に治療を終えた歯である。
6日まで歯医者は開いていない。
我慢するしかなさそう。
噛むと痛むので、
味噌汁とお茶、柔らかくなったバナナで
空腹を癒しているが、足りるはずもない。
少し痛みも慣れたので、
固形物を口にしたら、
もうたまらない。(はぁ~)
年賀状.png

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いします。
年男です。
.ネズミ男、今年もチョロチョロ
落ち着かぬ一年になることは、
確かでしょうね。(笑)
懲りずによろしくお願いします。
img008 (433x640).jpg