負けた……

高校の音楽専科を卒業した娘は、
親の意表をついて
一般入試で女子大に合格した。

「音楽で仕事につける可能性より、
普通の仕事を選べる大学がいい」が
娘の言い分。
確かに音楽で飯が食えるのは
数パーセントに満たないのが現実。
まっとうな動機だった。

娘の同期生は
ほとんど音大系に進んだらしい。
推薦枠を生かせる進路だった。
なのに娘は推薦枠のない一般入試に
あえて挑んだのだ。

大学生活3年目の娘の生活は
実に充実している。
地方の管弦楽団に入ってバイオリンを弾き、
秘書検定などの資格に挑戦し、
教育研修にも懸命だ。
生き生きした表情を見せる娘。
自分で大学を選択することが、
いかに大きな意味を持つかを
如実に示している。

妥協で大学入試に挑み
失敗した親の方は、
もはや娘に
頭が上がりそうにない。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック