親のつとめ

朝7時、家を出た。

加古川まで車を走らせ(運転は妻)

新快速で明石に向かった。




9時16分にJR明石駅コンコースで、

催されるオープニングセレモニーが目的だ。

2016ひょうごまちなみガーデンショーin明石が明石公園を会場に行われる。そのセレモニーである。




弦楽4重奏で始まる。

そこで第2バイオリンを担当するのが末娘。

つまり、親ばかちゃんりんで、駆け付けたのである。




エーデルワイスで始まり、コブクロの蕾、SMAPの世界でひとつだけの花と演奏が続いた。




喧噪な駅ナカでの演奏。

娘の物おじしない演奏姿に驚かされた。

父とそっくりの性格で、超人見知りだったのに、すごい変わりようだ。

これが、B型父とAB型娘の違いなのか。

娘は、新たな出会いで素直に変貌できたのだ。

父のように愚かな頑なさは、柔軟へ。そして変わった。

喜びであるが、一抹の寂しさは禁じ得ない。

娘はそのまま、たこフィルの練習に向かった。




妻と私に次のプログラムがある。神戸まで快速に乗った。

娘が通う学校の教育懇談会への出席のためだった。

いつもなら妻ひとりで出向くのが、わたしにお呼びがかかった。




懇親会があって、ビュッフエ形式の食事がある。

つまりわたしの役割は料理の運び人というわけだ。

妻は教授や講師先生らとの懇談である。

娘のためと思えば、なんら苦痛ではない。しかも御馳走をご相伴できるのだ。何も言うことはない。




加西に帰ったのは夕方7時過ぎ。

疲れたが、漫然とした日々に、いい刺激剤となった1日だった。

あと2年。

娘のために父親の役割が続く。

これで最後だ。おろそかにはできない。娘の記憶に父親が残るためのあがきを精一杯続けるだけだ。
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック