墓参

秋彼岸。


朝7時に墓参りをした。


母が眠る先祖代々の墓地だ。


墓参りに時期などあまり頭にない亭主をカバーして、


妻が万端用意して誘うから行かざるを得ない。


山の勾配地にひな壇のごとく墓石が並ぶ村の共同墓地だ。


最上部にある墓まで上がるのは大変だ。


若いころは気にならなかった急な坂道は、


赤土がむき出しで滑りやすい。


昨日の雨でズリズリだ。


なんとか墓にたどり着いた。


妻がかいがいしく(?)墓石の掃除をしている間に、

線香に火をつける。


花を供えて水をかける。


線香もたてて、


神妙に手を合わせる。


ちょっと母を思い出す。


墓参りがなければ、

思い出すのもめったにしないだろうなあ。


を輪に書いたような人生を送ってきている。


いまさら優等生になれっこない。


悪戦苦闘してあの坂道を下った。


下に降りきったところに、


わたしが手に入れた墓の敷地がある。


草ぼうぼうだ。


また刈りに来るかと、とりとめもなく考えた。


しかし、せっかく手に入れた敷地だが、


果たして墓石を立てる日がくるだろうか。

敷地の両隣の墓は、お参りする人がいない。


荒れ放題になっている。


仮に墓を造成しても、


同じ運命になる確率は、かなり高い。


さて、どうするかな。


厄介なことは先送りにしてしまう性格。


しかし、


これでいいのだろうかと、


しょっちゅう思っている。


みなさんは、墓をどうしてらっしゃるのかな?


必要、不必要、今どきはどちらが多いのだろう。
画像




それでも家相を信じますか
日刊建設通信新聞社
江口 征男

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by それでも家相を信じますか の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック