ありがとう!

ありがとう!

 夜遅く電話がありました。前日公演したわたしたちアマチュア劇団の舞台を観られた方でした。
「久しぶりに感激して泣かせてもらいましたわ。若い人、それも女性が多いのに、あのエネルギーはすごい。しかも加西市にある赤穂浅野家菩提寺の久学寺を念頭に郷土の素材である忠臣蔵を取り上げれたことも嬉しい。これからも地域の舞台芸術を支えて頑張ってください」
 語られる一語一語を、とてもありがたく拝聴し「頑張ります!応援よろしくお願いします」と元気いっぱいに答えたわたしは、電話口で深く頭を下げていました。
 地道に作り上げる私たちの舞台が、このご年配の方に電話をかけさせる動機になった感動を生み出したんだと思うと、もう嬉しくて、それ以上言葉にならなかったのです。
 夫と二人三脚で若いメンバーを引っ張って来て9年目の快挙です。決して恵まれた条件下での活動ではありませんでした。でも、演じるものも観る者も含めて、ひとりでも感動が得られればと頑張ってきました。それを、またまた新たなやる気を起こさせていただいた電話の主に、「ありがとう!」です。
(神戸・1992・9・29掲載)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック