オイにエールを

オイにエールを

 ふれあいの祭典・兵庫演劇祭に、わたしが指導する加西市民劇団『おおきな木』の出演が決まり、11月の本番目指して猛練習に入っている。
 先日、出来上がったパンフを見て驚いた。播磨農高の播州歌舞伎公演のプログラムにオイの名前を発見したからである。
 2年前のおおきな木の旗揚げ公演に参加して舞台に上がるまでは、芝居など見向きもしない若者だったのに、と思うと、ちょっぴり感慨深いものがあった。
 亡き兄はスポーツ派だったが、、わたしのアマ劇団活動を家族の中で最も理解し、暖かく見守っていてくれたのを懐かしく思い出す。その息子が、叔父のわたしの舞台に参加し、いまは学校で歌舞伎だ。兄もさぞ苦笑しているだろう。
 それほど器用ではないが、誠実そのものの
オイだ。同じ演劇祭に参加し、芸を競い合えるのは願ったり叶ったり。頑張れとエールを送りたい。
 顔が見えぬ黒子役を務める本番でのオイの一挙手一投足、しっかりみせてもらい、兄の遺影に、「よくやっていたぞ」と報告したいものだ。
(神戸・1994・9・29掲載)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック