アクセスカウンタ

こころの文庫

プロフィール

ブログ名
こころの文庫
ブログ紹介
人生も締めくくりに近づいたかな?なんかやり残した気分が。よし!いまやりたいこと、とにかくやってみようっと!余生?を思う存分、楽しむぞ。さあ!とにかく歩き出そう!歩け歩けー!

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
アセアセ
まあ暑い一日だった。 肌が痛くなるほどきつい日差しに、 結局作業時間1時間で終了した。 測量からレイアウトを」仕上げて、 50センチ四方の穴を掘って終わった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/18 01:10
お墓
いよいよお墓を創ろうと思いつきました。 父が脳梗塞で倒れ、 私自身も加齢による体力気力の減退を実感する居間、 そこへ西日本の豪雨災害による犠牲者のニュース……! こりゃ自分の入る墓を用意しなくちゃ〜なんて追い詰められた心境に。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/17 01:52
アッツ!
フラーっと来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/15 01:25
若気の至りで、 若いと後先の考えなしに無茶をする。 失敗するのがオチなのだが。 「なにそれ? あんた頭大丈夫なん?」  田舎者の母が目を丸くしたのは 、私が履く新しい革靴。 なんと靴底がぶ厚い。 背を高く見せたくて、 矢も楯もたまらず衝動買いしてしまったものだ。  女の子が気になり始めた十代後半である。 片想いの連続の中、 異性の目を意識したカッコ付けに走った。 髪型やファッションが思うようになると、 次は長身に憧れた。 ずんぐりむっくり体形を 長身に変えられる唯... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/13 02:06
雨去りて
台風と梅雨前線の奇襲を受けて、わが家の畑の惨状といったら。 それに、雨と高温のおかげで、雑草が伸び放題。 こりゃあかんと、草刈り機を出してきたが、 バブブブ〜〜ンときてバスッ!で死んでしまった。 修理にと思うが、いまは無駄使い(無駄使いじゃないですが・笑)できる余裕はない。 まあ1週間待ちということで、 目立つ雑草を手で引っこ抜いた。あめで土が柔らかいので、 小気味よく雑草は抜けてくれた。 が、体のあちこちが虫のせいで「かゆいかゆい!」 しかも暑くてフラ〜〜ッときた。 用心用... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/12 01:48
さと通信7月号
さと通信7月号 7月の 根日女創作倶楽部@まちライブラリー通信が出来上がりました。 最寄りの指定場所へ配布に駆け回りました。 文字通り車無しの足頼りで走り回りました。 おかげで通信のことで2日がかり。 不器用さを痛感したしだいです。 まあ、 今更要領がよくなる可能性はありませんが。(笑) そして昨夕は、 今月29日のイベントのたたき台つくりの会合に出席。 かなり具体的な線まで、 やっと辿りついたって感じです。(ホッ) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/11 01:13
ノンストップ
ノンストップ 8月にねひめひろば鉄道模型パーティーを 地域交流センター交流プラザで開催することが決まった。 わが町の中心にある交流センターの活性化を目指しての第1弾である。 使い勝手のいい場所にあるにも関わらず、 稼働率が50パーセントに満たないのを なんとか改善しようと、 市民の有志が集ってアイデアを出し合い、 それを実践する段階に至ったのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/09 00:39
料理
雨と風に翻弄されながら畑に。 家の裏手だから、 余ほどのタイミングでないと、 被災する恐れはないのです。 いくら天候が悪くても、 夏野菜の生育はとまってくれな。 風に倒されている トマトやなす、ピーマンの収穫をしてのけます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/08 00:50
やりがい
やりがい すごい雨が続いています。 その上に強い風が吹き始めました。 台風の時より強いぐらいです。(いやはや) これで畑は見るも無残な状態を迎えますね トマトやナスなどの倒壊は……(またいやはや) 最近の雨は昔の定規では測り切れない怖さがあります。 神戸の惨状をニュースで知るにつけ、 次はこの田舎もやられるかななんて考えてしまいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/07 01:53
展示
展示 朝一度は出向いての 確認が日課になっています。 閲覧者名簿に新たな名前があると、 即座に礼状をかきます。 追われるような日々、 いい感じにじゅうじつしています。 まあ、 最期のあがきでもありますが。(笑) 残された時間は、あとどれぐらいなのかな? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/05 08:52
台風
いま深夜二時過ぎ。 台風がもたらす強い風がビュービューとうなっている。 横殴りの雨が窓を騒がせている。 朝になれば、 かなりの惨状を目にすることだろう。 昨日の夕方、 慌てて夏野菜を収穫しておいた。 茄子、ピ−マン、ししとう、ミニトマト、いんげん、とうもろこしといったところ。 今夏は、かなり順調な夏野菜たち。 数年前にイノシシとシカの食害に根負けして、 畑仕事を中断しておいたのを、 やはり野菜作りをしない寂しさに負けて、 再開したのが、 よほどタイミングがよかったのだろ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/04 04:39
夏真っ盛り
やっと夏のイベント第1弾に突入です。 1週間前から用意に追いまくられていましたが、 やっと日の目を見ました。 『文芸祭2018』と銘打った展示会。 きょうから月末までひと月展示します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/02 01:01
イベント
たて続けにイベントが決まりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/26 23:59
梅雨
空梅雨は時々ある。 降らなければいけない時期に 雨が降らなければ、 夏場の渇水は避けようがない。 だから梅雨のじめじめと降り続ける雨も、 人間の暮らしには必要なのだ。 特に農家は、 梅雨の恩恵がないと大変である。  水田という通り、 稲作に水は欠かせない。 水田に水を取り入れるのに 争いごとがあったり、 冗談めいた雨ごいの話も、 雨の恩恵を充分に語っている。 米を作っていて、 空梅雨と渇水に遭遇した経験がある。 ため池は渇水状態になり、 取水制限が続いた。 な... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/18 04:46
一人っ子
「仲のいいご兄妹ですね」  そんな勘違いをしょっちゅうされた結婚当初。十三歳若い妻と外出しては間違われてばかり。いちいち弁解するのも面倒だし、悪戯心もあって、兄妹で通そうと決めたものだ。  妻は一人っ子。二人きりの兄弟だった兄が、若くして急逝、その後は一人っ子状態だった私。そのせいか甘えん坊の似た者同士。それでも年齢が上の私は、年を食った分だけ頼られる立場だった。妹に甘えられる兄という設定が自然に出来上がったのである。 「しっかりしたお姉さんやね。頼りがいあるやろ」  最近、会う人あう人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/15 02:20
ケガの功名
最近、よく歩く。 買い物などは、 近くのスーパーへ一時間ばかり 徒歩で出かけている。 「車の方が便利やのに、 なんで歩くん?」  歩いている途中に バッタリ顔を合わせた知人らは、 申し合わせたように 怪訝な顔を隠さずに訊ねる。 ひと昔前の不審尋問そのもの。 「健康のためやねん。 高齢者の仲間になったら、 足がアカンようになります。 歩くのが一番効果あるらしいで、 歩け歩けやですわ」  尤もらしく答える。 しかし、真実は違う。 単に車がないから 歩くしかないの... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2018/06/13 01:22
美味いもの
昨日は介護支援サポーター・リーダー養成講座の第2弾に参加しました。 認知症の人への関わり方を、 懇切丁寧に教えて貰いました。 自分がいつなってもおかしくない認知症だけに、 真剣に学びました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/12 02:39
あれれ?
あれれ? やっと原稿10枚が仕上がった。 ギリギリ締め切りに間に合いそう。 これまでの人生、やはりこんな感じでギリギリセーフだったなあ。(感慨にふけってます) 土曜日だから、郵便局の本局へまっしぐら。 ゆうゆう窓口で投函しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/10 09:12
完成
完成 今月のライブラリー通信の完成。 いまから配布に回ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/08 08:28
 夕立は、まさに天の恵み。田圃や畑仕事をやっていると、感謝してもし足りない。  真夏の晴天続きは、畑の野菜たちに地獄の苦しみを与える。もちろん、野菜作りを担う私も同じ苦しみを受ける。毎年繰り返されるが、どうしようもない。相手は自然である。  炎天下、畑の土は乾ききってカラカラ。野菜たちはしおれかかる。そうはさせじと水遣りにてんてこ舞いする私。しかし、少々の水やりでは、むしろ逆効果で野菜のしおれ方は輪をかける。人の力の無力さを味わい、暑さで汗だくだくになりながら、ひたすら慈雨を願うことになる。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/07 00:24

続きを見る

トップへ

月別リンク

こころの文庫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる