アクセスカウンタ

こころの文庫

プロフィール

ブログ名
こころの文庫
ブログ紹介
人生も締めくくりに近づいたかな?なんかやり残した気分が。よし!いまやりたいこと、とにかくやってみようっと!余生?を思う存分、楽しむぞ。さあ!とにかく歩き出そう!歩け歩けー!

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
青春
青春 テレビドラマでも 人気でした。 すさまじいと 形容できる 愛のドラマでした。 愛の素晴らしさを、 思い知らしめてくれた 青春漫画でした。 絵がテーマにぴったりでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/18 00:36
熱帯夜?
熱帯夜? 娘の里帰りで、 孫とつかの間の逢瀬(?)を楽しんだ。 もうなんでも食べるまで 成長した孫に目を細めながら、 少し前につづった文章を思い出した。 暑さで頭がまとまらないので、 今夜はその文章を そのままアップしてしまいました。 手抜きですが、ご容赦ください。 しかし、暑い! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/17 10:16
怪奇?
怪奇? あの手塚治虫が、 少年誌に こんな怪奇漫画(?)を 描いていたんです。 満月の夜に、 オオカミへ変身する トッペイ少年の、 数奇な活躍を 描いたものでした。 なんと作者の手塚治虫先生が、 自分の役で登場するのも 面白かったなあ。 とにかく描けない世界はないという、 漫画家、手塚治虫の 本領発揮の作品だった気がします。 マンガの描き方?似顔絵から長編まで (知恵の森文庫)光文社手塚 治虫ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by ブッダ 12【電子書籍】[... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/17 00:44
夏は去りぬ・2
夏は去りぬ・2 イオンで買ったカボチャを、 調理した後の残債を 畑に放っておいたら、 見事なカボチャを プレゼントしてくれました。 最初の一個は、 見事サル君にかじられましたが、 今朝、 カボチャの蔓をまさぐってみると、 立派なのがひとつ。 そして幼子が育っていました。 別に人工授粉してはいないのに、 自然て大したものです。 さっそく、 網で覆ってやりました。 目にした以上、 もうサル君の餌食には させられません。 もう少し置いてておけば、 収穫時を迎えるでしょう。 前に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/16 10:12
アハハハのハ
アハハハのハ ギャグマンガの最高峰といっても いいんじゃないでしょうか。 赤塚不二夫の業績は 比類なきものです。 そのギャグセンスは 特筆すべきものでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/16 00:44
平和と混乱
平和と混乱 手塚治虫が描く漫画世界は、 とにかく幅も底も広かった。 時代性をうまくとらえたテーマが、 無限に広がり、 子供たちの心をつかんだ。 この漫画は、 ガリバー旅行記と、 ナチスヒットラーの生物化学兵器の 遺産を巡る騒動をミックスさせた観がある。 人間の体を大きくさせる薬が 主役といっていいのかも。 薬を手にしたものが善か悪かで、 帰趨が決まってしまうから大変だ。 あ? どこか鉄人28号を彷彿させるぞ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/15 02:10
お盆
お盆 村の墓地へ 足を運びました。 未整備の 我が家の墓になる敷地部分があります。 権利を手に入れたものの、 昨今の墓地事情を前に、 手をこまねいているのが実情です。 はびこる雑草対策に、 今年敷き詰めた古いカーペット。 3重に重ねたかいがあって、 まだ草は頭をもたげていないので、 ほっと一安心。 迷いはあっても、 今のところ墓は 必要だとの認識があります。 田舎にある墓が、 家族の重荷になるのも承知していますが、 家族の絆を確認するのに 必要かなと思うからです。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/14 10:34
時代劇画・2
時代劇画・2 あの一世を風靡した 「子連れ狼」の漫画。 さいとう劇画より 劇画的な作風だったなあ。 小池一夫の原作を 小島剛夕が描画を担当している。 このころかな、 原作プラス漫画の組み合わせが、 市民権を得るようになったのは。 それにしても、 小島剛夕の絵は、 すごい!の一語に尽きる。 江戸川乱歩妖美劇画館 2巻 (『白昼夢』『人間椅子』『芋虫』『お勢地獄』『巡礼萬華鏡』『お勢登場』) (SGコミックス)少年画報社原作・江戸川乱歩ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/14 00:20
秋がきた?
秋がきた? この花がひょこっと顔を出すと、 季節は 秋になったということなのでしょうか。 最初は一か所だけだったのが、 今年は4か所に顔を覗かせています。 畑の実りも、 ピーマン、ししとう、オクラ、瓜など、 緑一色となりました。 トマトもなすびも、 もう終わりかな。 なすは生育が悪くて、 秋ナスにはなれない感じ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/13 10:06
スカーッとさわやか
スカーッとさわやか 大阪にあった日の丸文庫を 経ておおきく羽ばたいた さいとうたかをの時代劇漫画。 おっと 劇画だったけ。 劇画を標榜する漫画家の 第一人者といっていい存在だったなあ。 そして 完全分業のプロダクションシステムを確立させて、 多くの漫画を生み出している。 稀有な存在のひと。 同じさいとう姓ということもあって、 日の丸文庫のものから愛読していた。 あの ゴルゴ13の漫画家なのだ。 その大家が描いた時代劇漫画のなかでも、 影狩りと同じぐらい好きだったなあ。 黒沢映画の三... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/13 00:31
はっぴ〜!
はっぴ〜! 昼過ぎに やってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/12 09:18
ヴァイオリン
ヴァイオリン 娘がやっているので、 興味があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/12 00:22
オールマイティ
オールマイティ 多作で知られるのが、 石森章太郎(のちに石ノ森正太郎と改名) 今でもテレビドラマが製作される 「仮面ライダー」の原作者で有名だ。 SF漫画の大家なのは間違いないところだが、 叙事詩的な漫画や、少女漫画、 歴史漫画など なんでも器用にこなされた天才だった。 その中で好きだったのが「009」 サイボーグの仲間たちが 力を合わせて 強敵を倒していくストーリーだった。 後半になると、 その強敵が神になってしまうという 奇想天外なストーリーに 夢中になったものだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/11 00:57
ひととき・その1
ひととき・その1 三時ころ、 ちょっと涼しさを感じたので、 ひさしぶりに 庭に出ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/10 10:06
ヒューマン
ヒューマン 手塚治虫が描いたヒューマンドラマ。 奇病にかかり絶望に陥る青年医師が、 人々の偏見と差別に追われながら、 人の命と尊厳を取り戻していく 大河ドラマが「きりひと讃歌」。 愛する者の死、同じ奇病で死んでいく患者たち。 そして、医学界のボスの暗躍。 奇病の原因が感染症か放射能被害か? 医学界の功名争いなど、 あの白い巨塔の山崎豊子作品を 彷彿とさせる名作といえようか。 医学博士でもある手塚治虫の底知れぬ才能を 垣間見せられたのである。 【中古】 特別支援教育のためのアス... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/10 00:27
イベントロス
イベントロス 昨日は体中がギシギシと痛みました。 お化け屋敷の後遺症(?)です。(笑) しかも台風が去った後の酷暑。 もうバテバテです。 家の外に出るのもおっくうで、 家でゴロゴロ。 何をする気にもならぬぐらい、 暑さだけが支配する家の中。 ガタガタなんとか動く扇風機だけをたよりに、 パソコンに向かっても、頭は空白のまま。 イベントロスっていうのかな。 昔から舞台や催しをやった後に、 必ず迎える現象です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/09 10:33
ホ〜!
ホ〜! 男性マンガ家の描く少女漫画とは、 やはり数段違いました。 女流漫画家、しかも俊才と言っていい 彼女が描き乙女の夢世界、 さすがでした。 宝塚歌劇を マンガで表現したような気持に させられました。 [20時?全品P10倍]【コミック 漫画 収納ケース】 送料無料 ≪おトクな9個セット!≫コミック本ストッカー CMS-23×9<幅23.2×奥行45.4×高さ14.8cm> 家具 アイリスオーヤマ収納・家具・寝具の収納宅配館単品で買うよりも、【1個あたり468円もおトク!!】 ま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/09 01:07
あの日
あの日 「帰って来てまだ慣れてないやろけど、悪いなあ、今年隣保長をやって貰う番なんや」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/08 08:55
特集本
特集本 赤塚不二夫の代表作のひとつに、 ハチャメチャギャグの、 「天才バカボン」がった。 バカボンのパパをはじめ、 ユニークなキャラクターたちが、 大暴れして笑わせてくれた。 どちらかといえば、 「おそ松くん」のファンンだが、 こちらも得難い名作だといえる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/08 01:08
ダウン寸前!
ダウン寸前! お化け屋敷、無事終了です。 いやあしかし、暑かったなあ。 これも台風のせいなのでしょう。 朝8時に会場入り。 昨日の設定の手直しと 電飾等の配線など結構忙しい。 受付の設定も終わって、 万々歳!……とはいかない。 過酷な本番が待っていました。 午後3時スタートに向けて、 メークと衣装選び。 血糊が飛び回る惨状を呈しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/07 11:01

続きを見る

トップへ

月別リンク

こころの文庫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる