テーマ:コラム

メタボ予備軍

「メタボ予備軍ですね。一緒に目標を立てて頑張りましょう」  保健所が主宰するメタボ教室に参加して、保健婦さんに計測されたお腹まわり九十四センチ。若い保健婦さんの指導で年間目標二センチ減をめざすと誓った。  カロリーの少ない献立教室や運動など保健婦さんと連絡を取りながら頑張った。半年たって再計測。「ん?」と保健婦さんが首をかしげた。「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

部活動の思い出

高校に入ると、これまでの友だちの顔はほとんど見られなくなった。新しい友達の中でちょっと背伸びしてしまった。クラブ活動を選ぶのに、、ウンチ(運動神経オンチ)を人に知られまいとひた隠して選んだのは、なんと柔道部。新しくできた友達にくっついて、つまり金魚のフンになっての入部だった。柔軟体操や基礎鍛錬は何とかクリアしたもの、受け身や柔道技の段階…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛の卒業式

夜十時前。君らが帰って来た。ホッとする。やっぱり心配だった。西宮まで遠いから、事故だけじゃない何でも起こりかねないから。  僕らの娘の高校卒業式、どうだった?内心、僕も本当に行きたかったなあ、僕ときみが愛してやまない大切な娘の晴れの日だろう。  そういえば昔はいつもきみと僕はいっしょだったよな。どこへ行くのにも、買物、ドライブ、子供…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

墓参で感じる戦争の悲劇

墓参で感じる戦争の悲しさ  戦争の恐怖も、原爆の破壊力も、何も知らずに育ったわたしにとって、原爆が日本に落とされた日や終戦記念日が何回やって来ても、さほどの感慨がない。本屋映画、テレビなどによって与えられた知識だから、他人事でしかないのである。  しかし、そんなわたしが戦争と言うものを身近に感じるのが、盆の墓参りの時である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食品行政を厳格に

食品行政は厳格な指導を  保育園の給食で明るみに出た病死牛肉問題はショッキングだった。わたしも飲食店をやっているので、「まさか!」の思いだ。人の口に入るものは、食品にしろ薬品にしろ、当然安全であるはずと思っているのが普通である。 安全基準が設けられているし、それを扱う側も、より慎重な姿勢が義務付けられている。  しかし、今回の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫の心がけも大切

夫の“心がけ”も大切  20歳になるかならないかで結婚、もうすぐ7年になる。すでに二人の子どもと、おなかにもう一人いる。夫とは13違いだから、今は20代と40代。二人の年代がいちばん開く年である。 「あんな年上の人と結婚するなんて信じられない。老け急いじゃ駄目よ」なんて失礼な助言をしてくれた友人も、遅れること5年目にして、10歳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七夕事情

 二男が小学生の時、PTA地区役員に。夏休みに地区の子どもたちを集めて七夕祭りを実施した。個々の家でやっていた七夕を数年前から一つにまとめたのだ。  少し大きめの笹竹を伐り出して、子どもたちが願いや夢をしたためた色紙や紙飾りで飾った。親たちが力を合わせて公民館の玄関に立てる。風を受け笹が揺れると風情がある。  時間が来ると、村中の子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイエット

「メタボ予備軍ですね。一緒に目標を立てて頑張りましょう」  保健所が主宰するメタボ教室に参加して、保健婦さんに計測されたお腹まわり九十四センチ。若い保健婦さんの指導で年間目標二センチ減をめざすと誓った。  カロリーの少ない献立教室や運動など保健婦さんと連絡を取りながら頑張った。半年たって再計測。「ん?」と保健婦さんが首をかしげた。「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深夜のカレー便

「おい、おきれるか?」  囁き声とともに、そーっと肩を揺すられる。ハッと目を開けると、優しさのあふれた笑顔が覗き込んでいた。夫だった。 「さっき作ったばっかりや。温かいうちに食べたらええ。ナツミは、ボクが見てるさかい」  夫はそそくさとベッドに上がった。スヤスヤと眠る赤ん坊をおこさないよう慎重に添い寝の態勢で寝転ぶ。  時間はも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公共性に欠ける若者

公共性に欠ける若者  趣味のグループを主宰して8年目。集まってくる若者らの姿の急変振りに戸惑うこの頃だ。  不可思議なのが、自らが選んでかかわったはずなのに、少しも目的意識が見られないことで、3年ぐらいやっていても、変わらないのだから何をかいわんやである。目的意識がないので、責任を果たせない。努力をしない。グループの仲間に強調し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校野球の姿にもとめるもの

誇りは同等だ(高校野球各県一校が最適)  現在夏の全国高校野球地区大会の真っただ中で、順次各地区の代表校が決定されており、本番に負けない声援を受けている。  わが兵庫県における大会は163校が参加と言う激戦地区だ。樋って、最近問題になりつつある“高校野球の地域格差”をなくす意味で代表を増やす必要はないと思う。あくまで各県1校が最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乱開発で古里の山が危ない

乱開発で古里の山が危ない  農薬漬けとかで問題になっているゴルフ場が、わが故郷に進出して来るという。全国でも有数のゴルフ場がある兵庫県。これ以上の乱開発を防ぐべき規制条例発効を前にした駆け込み開発申請のあった計画だから、何をか言わんやの思いである。既に大企業をバックにした開発会社が山林買収に動きだしている。  計画地に持ち山があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

集団検診にもデリカシーを

集団検診にもデリカシーを  この間受けた集団検診の胃の検査結果が郵送されてきた。一家3人がそろって受診していたため、明暗が分かれてしまって一人が異常なしでも素直に喜べないのがつらい。特に胃とか胸の異常が出れば、即がんと結び付けて考えてしまうから深刻だ。単純な患部の炎症でもそう思い込んでしまいかねない雰囲気が、既に検診現場でできてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七夕の記憶の風景

 8月7日。子どもにとっては夏休みの前半で最大のイベントだった。  笹飾りをして祭るのは、その年の新一年生がいる家。そこへ子どもたちは誘い合い訪問して回った。ワクワクドキドキしながら、上級生の尻について駆け巡った。 「よう来たな。うちの子もよろしゅうにな」  訪問先の家では、家人が顔を綻ばせて迎えてくれる。縁先に飾られた笹飾りと祭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実情にマッチしない

実情にマッチしない  これまでの「成人」年齢20歳論は、確かにイメージ的にも区切りがついていて、適当なのかもしれないが、最近の風潮を見るにつけ、どうも実情にそぐわない気がする。  事実、現在の高校、大学生らは政敵のも成熟、経済的な面でもアルバイトなどを通じて社会人並みどころか、それ以上の所得を挙げている例が多い。新規格の会社設立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自転車ばんざい!

自転車ばんざい!  最寄りの駅まで25分ぐらいかかっての自転車通勤を初めて、もう1年。最初はからだもなかなか慣れなくて、足や腰が痛くてため息ばかりの毎日でした。それが今ではスーイスーイラクラクで、道沿いの景色を楽しみながら自転車を走らせているのだから、慣れって不思議なものだと思います。  自動車の多い県道を走るのは相変わらず苦手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草野球にこそスポーツの原点

草野球にこそ学ぶべき原点  本来社会人スポーツとは、仕事の余暇に練習や試合をするものだと思う。それが近年スポーツ社員というか、それが仕事のような様相を呈してまるでプロのようになった。ちょっと行き過ぎの感を覚えていただけに、今回の不況による川崎製鉄神戸野球部等の休廃部は、社会人スポーツの現手に返るいいきっかけにしてほしい。  会社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意味のない禁煙表示なんて

意味のない禁煙表示なんて  先日、夫婦二人で赤ちゃんを連れて大阪に出向いた。久しぶりの大阪で、不思議と目についたのが「当店では喫煙できません」「禁煙コーナーあります」などの表示。ブティックから飲食店まで、けっこう多く目につく。(なるほど、さすがに都会だよな。ちゃんと嫌煙権が市民権を得ているのか)と感心する。  ところが、あるファ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑い時は三食ソーメンでいいのだ!

昔からソーメンは大好き人間。何もおかずがない時は、迷わずソーメンを食べた。湯を沸騰させて麺をゆでるのに二分もあれが十分。めんつゆは市販のものも自家製も簡単に用意できる。無精者の私にはもってこいである。それに飽きが来ない味わいは私向きである。ある時期、健康ににはごはんよりいいというので三食ソーメンを食べ続けたことがあった。ただ、上等品は高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おさな子の反省?

舞台すっぽかした末っ子の責任感?  5月23日、加西市民会館で公演された『根日女』で、4歳の末娘が姉と兄に混じって初舞台を踏みました。  1回目は親の不安をよそに堂々たる演技を披露してくれたので喜んだのもつかの間、お昼の2回目の公園は、待ち時間を舞台のそででグーグーやり始めました。薄暗い舞台のそでで初舞台の緊張(?)、疲労…あま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年1回は運転手マナー講習を

年1回は運転者マナー講習を  最近、車に乗るのがどうも怖くなってきた。いつ事故に遭遇しても不思議ではない道路事情と、思いやりが全く欠けた運転者が目立って増えているからである。狭い道路を、景気がいいせいなのか、引きも切らぬ大型トラックの列。道幅をはみ出さんばかりにバンバン走り、歩行者や自転車の人を脅かしている。大半の車が決してスピー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父親が率先して手本を示すつらさ

父親が率先して手本示すつらさ 「帰ったらすぐに手を洗ってうがい」「歯磨いたか?」「顔洗わんと不潔やぞ」  子どもたちにそれは細かく指示する私を見て、 「あんた、ちょっとうるさくない」  女房が子どもに同情したのか、いちいち文句を言う。 「バカ、健康に関しては少しぐらいうるさく言ってもいいの。親の務めじゃないか」  と、気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マンガ少年だった夫はいま……?

漫画少年だった夫が……  夫は大の本好きで、しょっちゅう図書館で本を借りてきて暇さえあれば本の虫になっています。しかも、自分だけでは満足できないのか、何かといえば子どもたちに「本を読め、本を読め」とうるさくて大変なのです。  ところが子どもたちはそれほど本が好きではなく、夫は不満顔でため息をついては「本を読んだらえらい勉強になる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまりにたまった録画DVD……どうする?

DVDに録画した洋画やテレビドラマを、最近毎日2,3時間嗄声して楽しんでいる。仕事が現役のころはとても再生して楽しむ時間が取れなかったせいもあって、もう毎日楽しくてたまらない。今日見る予定は、韓流の朱蒙にビッグの連続ドラマ。昨日見たのはメル・ギブソンの映画。実は現役のころ、深夜専門の弁当製造工場で働いていた関係で、リアルタイムにテレビを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風邪のひきやすさ血液型に無関係?

風邪引きやすさ血液型は無関係 「風邪引きやすいのはな、感受性が強いからなんだぞ」  まじめな顔で力説し始めた夫。家族の誰かがかかると、すぐに貰ってしまう夫を、わたしが笑いながらからかったからです。 「どうせわたしは感受性の鈍い女ですからね」 「そりゃそうだよ。お前はAB型だから、いつでもクールなのは仕方ないさ。しかしオレはB…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遊びで育つ子供に感激

遊びで育つ子どもに感激  今年の夏休みは長女が新一年生、長男が幼稚園と進んだせいで、子どもも親も何やかやと結構忙しい毎日を送っています。  一日の始まりはラジオ体操で、6時にはもう起きた子どもたちは元気よく飛んで行き、1時間近く帰ってきません。ときには2時間近く帰らないときもあり、ちょっぴり心配して、「ラジオ体操が済んだら、どう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めてもらった娘の通知簿

初めて貰った娘の“通知表”  今年一年生になった長女が、夏休みを前にもらって来た通知表。名称こそ“あゆみ”となっているが、中身はやっぱり成績表です。 「わずか4か月で子どもたちも3段階に分けられてしまうなんて、やっぱり酷だよな」  夫が通知表を見ながらブツブツ言ってます。わが娘が人の前ではものすごく緊張してしまう性格を知ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆立ちの約束?

逆立ちの約束 「そない簡単に免許が取れるかいな。一回も補習せんと行けたら、わし逆立ちで歩いたる」  言いたいことを言ってのけ、冷ややかな目で見る夫の態度に、ムクムクと持ち前の負けん気が頭をもたげて、ついに大宣言! 「絶対にストレートで卒業してみせるわ!」  ほんの数か月前まで「免許なんか必要あらへん。うち一生取らんで」と口に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more