テーマ:マンガ

マンガ参考書だってさ

日本文化の軽薄短小化進む  漫画世代のはしりを自負するわたしだから、漫画の台頭はおおいに結構だと思うが、一般書への進出は「まさか?」と目を疑うほど驚いたものだ。  政治経済は言うに及ばず、趣味教養書まで漫画による表現続出の風潮を前に、「日本人にとって喜ぶべき現象なのだろうか?」と悩むしかない。  それが今度は参考書まで……とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マンガ少年だった夫はいま……?

漫画少年だった夫が……  夫は大の本好きで、しょっちゅう図書館で本を借りてきて暇さえあれば本の虫になっています。しかも、自分だけでは満足できないのか、何かといえば子どもたちに「本を読め、本を読め」とうるさくて大変なのです。  ところが子どもたちはそれほど本が好きではなく、夫は不満顔でため息をついては「本を読んだらえらい勉強になる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胸をときめかせた、あのマンガ

胸のときめき消え 「鉄腕アトム」や「鉄人28号」で始まった漫画との付き合いは、もう20年以上になるから、われながら驚きである。しかし、最近の様変わりには面食らうばかり。誠治、経済、歴史……漫画の進出は無差別である。  子ども漫画雑誌の連載物ですら、かっては想像だにできなかったデザイナー、調理人、演劇界……とあらゆる分野が取り上げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more