テーマ:公演

束の間

春になれば忙しいのは 親も子も同じ。 娘も チラシのような演奏会にかかわり、 練習や運営に忙しくしている。 ただ 娘が参加するイベントは こちらにチケット購入が余儀なくされる。 いささか懐が痛い。(苦笑) 考えてみれば 私も若かりし頃 携わっていたアマ劇団活動で 公演のたびに チケットを売りさばくのに奔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春が来た

練習成果舞台で披露  昨年春、主婦や会社員ら20数人が集まり、地元の伝説上の美女、根日女(ねひめ)を題材にしたオリジナル作品で市民劇団「おおきな木」を旗揚げした。  その第2回目の公演が、この4月に舞っている。旗揚げ公演では市内初の市民劇団ということもあり、観客を集めることが出来たが、今回はどうだろう。  息の長い活動を続ける…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワクワクしてるぞ!

故郷に演劇の灯をともす  生まれ育った故郷に演劇の灯をともしたいと考えたのは、もう10年前。それをこの平成2年に実現させるつもりでいる。  アマチュア劇団の活動に関与して既に20数年。単なる趣味が今ではいきがいになった。  現在、姫路で劇団を主宰して8年目になるが、わたしが歩んだ活動はすべてが故郷から離れたところである。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうだい、すげーだろう

 アマ劇団をやっていた時、若いメンバーの発案で子どもたちに野外紙芝居を見せた。  図書館から借りだした紙芝居はちょっと野外では小さくて見にくい。なら自分たちで大きな紙芝居を作ろうとなった。  ベニヤ板に模造紙を貼り付けて、絵を描いた。メンバーが手分けして色を塗る。ベニヤいっぱいに色を塗るのは大変。時間を忘れて色にまみれながら悪戦苦闘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然いっぱいの公園

自然いっぱいの公園  さほど期待もせず、小2の娘と「東はりま水辺の里公園に行った。  暑い午後のせいか、来園者はわが家族だけ。手入れの行き届いた公園しか知らない身には、草ぼうぼうにしか見えない。だいたい、金がかからないという情報を得ての公園もうで。期待外れは覚悟のうえだが、これはまずったかな、との思いが強まる。  ところが、娘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more