テーマ:日本語

子どもたちに伝えたい美しい日本語

子どもたちに伝えたい美しい日本語 「はい、これはダイダイ色です」「違うよ、先生。オレンジじゃないか」  ―保育園の保育参観に出向いたとき、目にした光景です。ほお笑ましいと言えばそれで済むのでしょうが、何となく気になります。  同じような調子で、子どもたちは続けます。モモ色はピンク、黒はブラック、粟生はブルー……赤色だけは、あか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more