今も昔もヘンな自分

かわいげのない子供だった。
めったに笑わず、
何を考えているか分からないムッツリ顔だから、
そう思われて当然だった。
 大人になっても変わらない。
「ムッツリ〇〇ベー」とからかわれたりもした。
ただ生真面目な性格は誰もが認めてくれたのか、
仕事に支障はなかった。
おかげで結婚、
子供四人に囲まれる理想的な家庭も手にできた。
 その家族すら、私を「ターミネーター」と思っている節が。
訂正するのも面倒くさいので(勝手に思ってろ)と暮らしている。
 時々、妻や娘の意表を突いてやる。
テレビや本を読んでいると、突然涙を浮かべたり、ゲラゲラ笑う私。
(え?え?え?)である。
 実は本人だけが知る私の正体。
片岡千恵蔵の名セリフではないが、
ある時は「むっつり〇〇」しかしてその実体は……!
!笑い上戸に泣き上戸、怒り上戸も加わる「オモロイ男」。
 今も漫才に大笑いしている私。
家族は留守。
「ターミネーター」でいる必要はない。
img017.jpg

"今も昔もヘンな自分" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント