中途半端な目覚め

フッと目が覚めた。
深夜3時過ぎ。
疲れて眠ってしまっていたようだ。

昨日は家の前庭に手を加えた。
3メートほどの生垣、
赤カナメの選定と、

シンボルツリーと言える
桜の大木も手を加えた。
2メートル近く育った赤カナメは
少し前まで
真っ赤な壁が見事だった。
いかんせん
茂り過ぎて
見ごろが過ぎると
いささかうっとおしい。
と妻が指摘。
B型いて座男としては
茂りに任せていたい放任主義。
(本音は面倒くさいにすぎないのだが。苦笑)
しかしAB型おとめ座の妻は容赦ない。
いつものことだが、
とにかく妻の指示に従う。
チョキンチョキン、バチバリ、ギーコギーコと奮闘。
作業中も妻の指示はやまない。
すっきりとした庭がお望みなのだ。
私としては
自然豊かなジャングルの方が好み。(笑い)

終わってみれば
生垣もシンボルツリーも
見違えた。
桜は切断した部分に
防腐防菌剤を塗り込んだ。

集めた剪定した枝葉、幹は山になった。
それを適当に切り揃えて片付ける。

朝からかかり、もう昼を過ぎた。
(確かにこの方がいい)
すっきりした庭を眺めながら、
内心の感想。
とはいえ妻に悟られてはならない。
どや顔は見せても見たくない。(なんと身勝手。大苦笑)

夕食を用意し終わると、
体中が痛い。
風呂に入ると覿面睡魔に襲われた。
そんな顛末だった。
ただ平均的な睡眠時間は4、5時間。
真夜中に目はぱっちりというわけである。
さて、まだ夜明けには程遠い。
これかrらどうするかな?
贅沢な悩みに囚われている。

窓の外から聞こえる
かわずの声はソロパートに近いなあ。
取り留めなく
時間は過ぎていく。

ならない.jpgimg011.jpgラマダン.jpg

"中途半端な目覚め" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント