静かなる秋祭り

きのうは秋祭り、
コロナのせいで今年も神事だけだった。
お大師さんも開くので、
世話役の私も出張ったが、
実に静かな秋祭りに終始した。
高峰神社本殿で厳かに行われた神事。
二年前までは氏子の奉納屋台4台とみこしの練りが行われ、
それなりに賑やかな祭りをみんなで楽しんだものだ。
我が家は私を含め、子供4人が祭りを直接体験している。
私も息子二人は乗り子で屋台に乗ったものだ。
長じては担ぎ手を担っている。
周旋を務めた私だが、
故郷を離れた息子らは、
青年も周旋も務めることなく終わる可能性が高い。(残念極まりない)
娘二人は巫女の姿で浦安の舞を舞っている。
4人の子供と妻に私の家族勢ぞろいも実現、
しあわせ気分で秋祭りを楽しんだものだ。
今は末の娘だけが家に残っているという寂しさだ。
高峰神社の秋祭りは神事だけに終わったが、
私はしあわせ過ぎる思い出に浸り、顔を綻ばせた。(ウン)
来年は、ぜひ秋祭りの全面復活を願ってやまない。
img107.jpg1633876320471.jpg1633876368279.jpg1633876459981.jpg1633876414162.jpg1633876503248.jpg1633876640899.jpg1633876674039.jpg1633876574911.jpg