芋掘れ、ワンワンならず

土曜日、孫たちが芋ほりに来る。
てなわけで8時過ぎに畑へ直行。
町の子である孫のために、
周囲の草刈りに励んだ。
しだいに暑くなってくる中、
孫のためならなんのその。
この日は源ちゃんはお留守番。
小さい孫らが怖がるからだ。
源ちゃんははしゃいでいるつもりでも、
ちいさい孫らには通用しない。
だから今日は、
自分も畑にいくよ~!と、
わんわんなく源ちゃんを、
心を鬼にして家に残した。
畑を独占の孫たちは、
芋ほりを思い切り楽しんでくれたようだ。
おじいちゃんとしては満足満足。
孫たちが帰ると、
すぐに源ちゃんを畑へ伴った。
随分暗くなっていたが、
源ちゃんは憂さを晴らすかのように、
右へ左へと敏捷に走り回った。
お付き合いの私、
しょうしょうエネルギー切れ。
早く孫と源ちゃんの中を取り持たなければ、
私の体がもたないよ~!(これは真面目な話。笑)
img106.jpg1633789369118.jpg1633789316515.jpg1633789474453.jpg1633789528762.jpg1633789579843.jpg1633789623005.jpg1633789702540.jpg1633789665370.jpg1633790019644.jpg