新米を味わう日が

日曜日。
わが地区営農のはコンバインが
縦横無尽に走り回った。
わが畑の周辺の田んぼは刈り終わったようだ。
次の日曜日は道普請が待っている。
毎年秋祭りの前の恒例行事だが、
コロナで中止かどうかという複雑な時期だが、
季節はお構いなしに流れていく。
雨の上がった畑だが、あちこちに水が溜まっている。
雨が降るたびに悲惨な状態になる。
排水のための溝を掘る予定だが、
まだ先になりそうである。
畑の一角に飢えたハーブの一種「レモンバーム)が元気だ。
香りを楽しみながら、雑草を引き抜いていると、
案の定源ちゃんが走り寄ってきた。
草を引っこ抜きでもしてくれたら大歓迎だが、
傍で穴を掘り出したり、
作物の上を駆けまわったり、
いやはや。
刈り終わって田んぼの傍に置かれた、
コメの大袋を集めにトラックが二台やってきた。
営農のスタッフも大変だ。
そういえば、少し前に保有米の注文所が回ってきていた。
今日収穫されたコメが、
玄米になって30キロの袋詰めにされたものを
購入することになるのだろう。
わが家も5袋ばかり注文してある。
地元のコメは美味い。
何年か前まで自分でコメ作りをしていて、
自家米を食べるようになると、
外食先やスーパーなどのお弁当のご飯が、
まずく感じる……いやまずいのである。
あの頃から殆ど外食をしなくなったし、
ス-パーで買うのはお弁当ではなく、
総菜を時々買うようになった。
総菜も食材を買って来て、
家で好きなものを作る方が、
安上がりだし、余分な添加物などを使わぬ分、
安心安全といえるだろう。
とにかく、道普請の日に受け取る保有米、
新米を炊き上げたご飯、楽しみだなあ~!
img089.jpg1632070611801.jpg