落穂拾い

夜中からの雨がまだ続いている。
今日の畑仕事はお休み。
げんちゃんのお相手をすこし務めて、
ぼんやりと裏山を眺めた。
手前の田んぼの四隅が駆られている。
コンバインで刈るのに、
隅を刈るのに
大型機械では小回りがきかないからである。
コンバインで刈っても、
結構刈り残しや稲穂の残骸(?)を田んぼに散見するが、
機械化のされていなかった頃は、
稲刈りの後、落穂拾いで田んぼを見回ったけ。
稲刈りも含めて、
当時の農作業を腰をかがめることがほとんど。
落穂拾いも、終わるころには腰が痛くなっていた。
大きな田んぼになると、
馬鹿に出来ない作業だった。
日が暮れるころまで、
田んぼに散らばる家族の光景を思い出す。
夕方になると、
田んぼ一帯を夕焼け色に染まったものだった。(キレイだったなあ)
「もう終わるか。あとは明日じゃ」
単純な作業はまだまだ続くのだった。
駆り出された子供も、
真面目に手伝っていたのが、
いまでは不思議に思える。
img083.jpg1631545963005.jpg1631545867240.jpg1631545368930.jpg1631545755002.jpg1631543544688 (1).jpg1631545917511.jpg