雨の中のボク

夏休みの終了とともに雨。
昨日も今日も……
世の中ままならないものです。
外出ならず、
家に閉じこもり状態。
コロナの緊急事態宣言下の兵庫県。
孫たちも顔見世を控えています。
近くにありて遠きもの~~(はぁ~)
ただ会えない距離以上に愛は募る一方です。
そんなことを考えながらニヤニヤ。(気色ワル~~!笑)
そういえば、子供の頃、
僕は全く笑わなかった気がする。
根暗の変わった子供だったんだ。
あの頃の僕に今の僕は奇跡以上に見えるんじゃないかな。(頬笑み)
畑の水やりは心配ないですが、
雨が上がったとの雑草の繁茂が気になります。
9月の予定していた種まきもままならず、ジリジリ。
源ちゃんも雨だと、小屋から出てきません。
いい天気だと、
彼の体を洗ってやりたいのですが、
畑を走り回っていつも土まみれ、
虫の心配もあり、
定期的な行水?
今はもう慣れっこ。
暑いと「水に入れて~)とすり寄って甘えるぐらい。
しかし雨はやはり嫌いという矛盾。(可愛い奴め)
ぼんやりと時間を送っていると、
一通の封書。
「働くってなんだろうエッセイ」入選の審査結果でした。
少し気分もよくなりました。
良くなったところで何かやってみようっと。(ウン)
img060.jpgIMG_20210831_124820.jpgIMG_20210829_092210.jpgIMG_20210901_062948.jpgIMG_20210901_063011.jpgIMG_20210829_092314.jpgimg061.jpg