新米の季節

日曜日の道普請の日に、
保有米を購入した。
今年とれとれの新米である。
昨日コーナンの駐車場にある自動精米機に出向いた。
30キロ一袋を標準米に精米。
もちろん米ぬかも忘れない。
最近使うことが多くなった米ぬかなのだ。
精米したコメは、静岡で頑張る長男に送る予定だ。
転職でかつかつの生活だと思う。
父親の私も似たような人生を送っているからよく分かる。
居酒屋で培った腕で自炊しているが、
作った料理の写真をメールで送ってきている。
さすがに元居酒屋だけある。(ヘンな誉め方だなあ。笑)
まだ前のコメが残っていたので、
我が家で新米を口にするのは明日になる。
おかず要らずの新米の味、
想像しただけで「ゴクリ」である。
考えてみれば、
田舎育ちの私なのに、
新米のおいしさを知ったのは、
自分でコメを作り始めたときだった。
水管理に追われ、
ヒエや害虫防除などや、
そして台風や大雨にみまわれ、
四苦八苦した末の
収穫だったせいかもしれないが、
格別な味だった。香りも最高だった。
昔々、麦ごはん時代、
学校にもっていくお弁当用に、
用意された白いごはん。
麦ごはんを炊くお釜に、
特別な容器に洗った白米を入れ、
麦の中に突き刺して炊き上げるのだった。
弁当箱を開いたそこに
、真っ白いごはんを発見した日の
感動感激といったらどうだろう。
美味かったなあ!
おかずは麦ごはんの時と変わらず、
お粗末(?)なもだったけれど。(笑)
img101.jpg1632878487342.jpg1632878529399.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント