桜の花が舞い散る日

本格的な雨降りに風が伴い、
桜は散り放題状態。
家の前にいる源ちゃんも、
足元に模様を描く桜に戸惑っている。
(こりゃなんだ?)って顔つきだ。
源ちゃんも6か月。
少し前から後ろ足を片方上げて、
おしっこをするようになった、
れっきとした男に育っている。
その源ちゃんと、
散り舞う桜の花びらが、
一幅の絵(ちょっとオーバー)になっている。

この時期、私も一段成長した体験の記憶がある。
小学6年の春、
新しいクラスと担任の先生。
いかつい顔の先生に、
ビクビクものだった私。
それでも授業中の落書きは止められない。
教科書の白い部分は落書き放題である。
それは勉強が苦手な証拠でもある。
その日も手で隠しながらせっせと励んでいた。
いきなり掌が包んだ。
驚くよりも、その優しさとホッコリ感。
(上手いのう、お前)
信じられない言葉だった。
叱られて当然の場面での誉め言葉。

後日、下級生に見せる紙芝居を描かされた。
当時の神戸新聞に4コマ漫画(佃公彦先生のちびっこ紳士だったっけ)を、
紙芝居に仕上げた。
先生の奥さんがほかの小学校一年生を受け持っているとかで、
その授業に使われたそうだ。
「うちのおくさん、えろう喜んどったぞ。ありがとうな)
生まれて初めて褒められたのである。

あの体験がなかったら、
きっと今はなかっただろうな。
ありがとう、吉田先生!

誉められた記憶って、鮮明に残っているようだ。(苦笑)

桜の花びらが私の頭に舞い落ち続けていた。
img020.jpgIMG_20210404_172408.jpgIMG_20210404_172633.jpgIMG_20210404_172510.jpgIMG_20210404_174807.jpgIMG_20210404_172521.jpgIMG_20210404_174745.jpgIMG_20210404_173010.jpg