テレビ

サンテレビで始まった「御家人斬九郎」、
あの渡辺謙の時代劇である。
何度となく放映されているが、
いつみても夢中になってしまう。
初回は丹波哲郎がゲスト、
二人の切り合う場面は最高の臨場感がある。
ハラハラドキドキでスカーッと終わる、
時代劇の醍醐味である。
コロナで外出もままならない今、
テレビは手放せない。
各家、いや各部屋にある時代である。
そんなテレビも、
子供の頃は家にはなかった。
村でただ一台、
お金持ちの家にあった。
その家に見せてもらいに足を運んだ。
白黒だったが、
見入る子供たちは、
ハラハラドキドキに終始した。
「SFドラマ・宇宙家族ロビンソン」に
心を奪われた幼き日を思い出す。
考えてみれば、
初めてのテレビで覚えたドキドキハラハラは、
その後の人生そのものとなった。
今も変わっていない気がする。(笑)

きのう揺るぎ岩へ。娘と彼氏、妻と私、
そして源ちゃんも一緒だった。
伝説の揺るぎ岩が揺れたのは娘の彼氏だけ。
ほかのみんなは邪心の塊なのを反省するのだった。(大笑い)
img035.jpgIMG_20210409_164247.jpgIMG_20210410_171912.jpgIMG_20210410_172010.jpgIMG_20210410_171830.jpgIMG_20210410_172040.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント