回顧アルバム・2

昨日の写真と同じころ、
タウン誌の「タウン姫路」に、
紹介されたのは、
喫茶店をやりながら、
主宰していた「劇団自遊席」のこと。
姫路を拠点にした地域劇団。
「ブルージーンズシアター」と銘うって、
太子町・加西市・淡路・家島・赤穂・西脇・加古川など、
周辺の市町から依頼された公演をこなしながら、
姫路市内の各公園を巡回、
紙芝居公演(メルヘンパフォーマンス)も楽しんだ。
姫路では文化センターで「はりま300人劇場」と銘打って、
シェイクスピア作品や忠臣蔵(オリジナル)などに挑戦したっけ。
当時は指導した若者が東京の劇団に進んだりと、
実に充実した日々を送ったなあ。
写真の一枚は我が子二人との共演した記念の一枚である。
いまは長女は福祉介護士、
長男は静岡で仕事をやっている。
妻と結婚した当初、
生涯家族劇団をと誓いあったものの、
いつしか
わたし一人が細々と紙芝居をやっているのが現実。
青春カムバック!
むなしく胸の内で叫び続けながら、
生涯を終えようとしている。(ホロリ)
若い人に言っておくとすれば、
やりたいことはやりたいときにやれよ!
人生瞬く間に終わっちゃうからね。
img024.jpgimg023.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント