秋祭り

例年だと秋祭りの時期。
中止になるとやけに寂しいものだ。
といっても秋祭りが特別なわけではない。
二人の息子は
10年来まつりのために帰郷していない。
仕事やなんかがあるとは理解するが、
気落ちせざるを得ない父親である。
大学生のころは、
必ず帰ってきてくれていただけに、
ことさらこたえる。

一枚の写真がある。
高校生の長男は担ぎ手、
小学生の次男坊は乗り子として参加した秋祭り。
父親の私もまだ現役の担ぎ手として、
親子3人揃い踏みが実現した記念の秋祭りになった。
豪華絢爛な祭り屋台のかき棒に乗っかった父親を挟んで、
子供たちの勇姿(?)
もうあの時は戻ることがない。

この先いつ親子の揃い踏みができるだろうか?
遺影になった父おやを囲む子供ら……
それが現実なのかも知れない。
それでも子供らが無事に過ごしていることを、
心から願う父親なのだ。(ウン)

庭の酔芙蓉が
二輪三輪と賑やかに花開き始めている。
見つめたまま時間を忘れられる、
平穏な日々があることに感謝したい。
img042.jpgスイフヨウ.jpg