クワガタ捕り

朝から暑い。
生ごみをコンポートへ運んだが、
玄関を出たとたん、
耳に蝉の声!
ここしばらく聞いていない。
立ち止まって蝉の声に耳を傾けた。
我が家のシンボルツリー、
桜の大木から蝉の声が届けられている。
昔はうるさいほど鳴いていたのに、
最近は蛍同様希少そのものだ。

田舎の夏は虫の夏でもある。
アリやゴキブリなどは御免だが、
蝉、カブトムシ、クワガタ……は大歓迎。
子供時代は毎日捕りまわっていたっけ。
二人きりで年子の兄弟だったが、
兄は季節を問わず、野外を遊びまわり、
一方の私は部屋に閉じこもって、
絵を描いたり、本や漫画を読みふける子供だった。
「カブト捕りにいくぞ~!」
そんな弟に有無を言わさず誘い出す兄だった。
夏休みに入ると、
朝早く引っ張り出された。
林と山すそを回って、
クワガタやカブトムシを捕獲するのである。
野人(?)の兄は、
虫のいる木のあり場所を熟知していた。
人より先に行かないと、
もうカブトムシは取られてしまう。
しかし兄の野生のカンと敏捷性は
誰にも劣りはしなかった。
ただわたしという金魚の糞的お荷物付きだったが、
それをものともしない兄だった。
蜜が豊富な木を見つけると、
ハチがブンブン飛び回っていても意に介さないからすごい。
私といえば根っからのおびんたれ。
兄の背中の後ろに隠れてやり過ごしたのだった。

あの頼れた兄は、
43の若さで逝った。
私の厄を身代わりで受けてくれたのだと、
今も信じてやまない。

蝉が鳴きながら、
桜の木から飛び立った。
また暑さが半端じゃなくなろうとしていた。
img031.jpgIMG_4039.JPGIMG_4042.JPGIMG_4041.JPG