つかの間の団らん

父……いや祖父の葬儀に駆け付けた子供ら。
静岡から仕事の合間をやりくりした長男。
仕事が忙しいい彼と5年もあっていなかった。
36になるが、すっかり貫禄がついている。
とはいえコロナ直撃で
将来の目が絶たれるかも知れないらしい。
居酒屋チェーンのエリア長まで登ったところでコロナである。
全国の店舗を半分も閉店したほど危機的状況にあるようだ。
「仕事がある間は打ち込むさ。先行き光が見えないけど」
名古屋静岡と勤務が長く、
言葉のイントネーションはあちらのものになっている。
長男を囲んで談笑がやまない兄弟姉妹と母親。
その輪の中に入れず、
一人酒を楽しむふりをしながら、
実は聞き耳を立てていた。
話が弾んで、
昔の団らんを復活させている。
昔も今も話に割って入れない父親は、
盗み機器下子供らの近況に、
内心一喜一憂する。
そして自然と顔が綻び、
ニンマリ顔になってしまった。
巣立った子供らとふれあう貴重な瞬間を、
昔と同じく外野席でニンマリと、
父親の幸せを満喫するのである。(やれやれ)

img022.jpgあさかお.jpg花の目.jpg