おふくろの味を生む醤油

食事の用意に入って、
醤油が残り少ないのに気づいた。
濃い口も薄口も均等になくなっている。
半々にミックスして使うことが多いせいだ。
さっそくイオンモールへ出向いた。
この辺で愛用の醤油を商品棚に並べているのは、
モールの食品売り場。
求めるのは地元のT醤油。
1・8リットルペットボトルだが、
運が悪ければ、
濃い口は売れてしまってることが多い。
結構人気があるようだ。
考えてみれば、
子供のころ、
家に配達された醤油。
おふくろの味は、
この醤油が生み出す味だった。
実は5年前までは
格安醤油で間に合わせていたが、
売り場で懐かしいロゴのラベルを見つけて以来、
割高になるが買い続けている。
結構いい味をつけられるから、
止められない止まらない~~って感じに。
この間、
工場前の直販店舗へ立ち寄る機会があった。
ちいさな道の駅の雰囲気。
醤油ソフトを買ったが、
ほんのりした味わいが、
懐かしい記憶を呼んだ。

いま私は家庭の料理番。
作る料理の味は、
おふくろの味に近い。
家族の評判もいい。
それもこれも、
地場産醤油のなせるワザなのかも知れない。
私がキッチンに立つ限り、
T醤油は不滅の存在になったといってよかろう。

img024.jpg