白昼の愚行

暑い日が続いている。
涼しいときに畑仕事が普通だが、
家下の倉庫部分に設えた、
まちライブラリーのアトリエに
展示している作品の
展示レイアウトの手直しを優先した。
この7月に
ねひめ広場展示ボードを使い
公開するリハーサルでもある。
コロナの2波がなければ
実施することになっている。
これまで休止されていた
ねひめ広場運営会議の再開の
連絡があったばかりで、
ちょっとやる気モードである。

畑は正午を待って向かった。
300メートルほど離れているので、
いつもなら自転車だが、
今日は歩きにした。
携帯用の草焼きバーナーを手に急いだ。
刈り払った草が
連日の暑さで程よく乾燥しているはず。
昼の時間帯なら、
周囲に人も出ていないので、
いつもその時間を狙って焼いている。
しかし、暑い!
畑で枯れた草の残骸を燃やし始めると、
ますます暑い。
日陰もなく汗がにじむ。
草焼きが終わると、
なんと暑さ負けしている
野菜に水をやった。
暑い最中の水やりは避けるべきだが、
もう一度ここへ出向いてこれる自信がない。
ままよと水をやった。
大きめのポリバケツを土中に埋めて
水をプ-ルしている。
如雨露にすくう。
何度もそれを繰り返す。
元気のない野菜苗には
かがんで優しく丁寧に対応してやる。
からからに乾いた畝の全体を湿らすのは、
暑さと相談するとできそうにない。
そこで一本一本の根元に水をくれてやる。
火で熱し煙でいぶした畑を水で潤す。
なんとも矛盾を感じてクスリ。

水をやった-!という
自己満足に浸りながら畑を後にした。
家に帰りつくのがやっとで、
(我ながらだらしないね。笑)
もう何をする気力も失せていた。
img004.jpg春.jpg一年間.jpgなにもきて.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント