令和に

「いつもありがとう」
「お互い様ですから
気にしないでください」
「毎週かわされる会話もずいぶん慣れました。
生活支援サポーターに参加して一年。
ゴミ出しや草引きなど
日常生活の些細なお手伝いですが、
足腰が弱られた高齢者には
思うように
できなくなってしまったことなのです。
「この間まで
何でもやれてたんですよ」
 言葉に悔しさがありあり。
サポート相手の思いは、
私の数年後を示しています。
高齢化はいやおうなく進みます
。私がサポートを必要とする日も、
そう遠くはないはず。
だから「お互い様です」と
答えてしまうのです。
 春先に実父は脳梗塞に倒れ、
療養施設のお世話に。
見舞うたびに介護スタッフの対応に
感謝の思いに駆られます。
その感謝の思いが
支援サポーター取り組みの
原動力にもなっています。
 サポーター養成講座を何度も受けて、
それまでの他力本願的な考えも改まり、
生活支援の何たるかを叩き込まれた、
いい一年でした。
 令和2年はキャリアアップです。
弱さを思いやれる
生活支援を心掛けて頑張るのみです。(うん)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント