怯える

きのうはねひめ広場運営会議の定例会
夕方七時集合なので、
イオンモールで時間つぶしをした。
相変わらず暑いので、
朝早くイオンもうでしていたのだ。
お結びを握って忍ばせたリュックを担いだ、
いつものスタイル。
モールは一つのスモールタウンになっているので、
時間をつぶすにはもってこいである。

10時から恒例のラジオ体操をやっていたので、
久しぶりに参加。
ちなみに加西市はラジオ体操の街なのだ。
創始者のひとりの出身地なのである。
しかしラジオ体操、
「オイッチニー」とやれば気分爽快になる。(マジに)

お昼はお結びを食ってほっと一息。
半一ほーっとしていたのだから、
改めてほっはないかな。(苦笑)

久しぶりの雨が降ってきたと思ったら、
雷を伴い豪雨と化した!
雷は子供の時から大の苦手、
稲妻が光るたびに、
怯えを隠せない。
昔潜り込んだ蚊帳を懐かしく思い出した。

いきなりイオンの照明がパッと消えた。
すぐ半分の照明がついたが、
自家発電らしい。
後で知ったが、
落雷による停電だった。
会合を終えて帰宅する道筋の信号機が
使い物にならず真っ暗。
這う這うの体で家に帰りつくと、
我が家の照明は無事だった。

いやはや最近は、
自然の驚異を
身近に感じる機会が多くなってしまったなあ。
この先、
どうなってしまうのだろうか。
ちょっぴり絶望感のとりこになってしまった。
img036 (800x543).jpg