父親冥利?

「父親のあとを継ぐ息子で。いいよな」
 思わず呟いてしまった。ニュース画面の伝統木工品を作る親子の作業風景に、ついジェラシーを覚えたのである。
「継がせられる程御大層な仕事やってた?」
 妻の皮肉。口惜しいが反論できない
思い返せば、本屋の店員、コック、喫茶店でバーテンにマネージャーを経て独立、喫茶店オーナーになったが十年で閉店。あとは木工会社、2×4工法の大工見習。
その後、調理の世界に戻り弁当製造工場で定年を迎えた。最後はスーパーのパートと変化に富むが、とても自慢できたものじゃない
 こんなザマで「親のあとを継げ」とは、口あんぐりな反応を受けて当然なのだ。
「でもさあ。うちの子供ら、ちゃんと親と同じ道を歩んでるよ。幸せに思わなきゃ」
 そうだった。息子は居酒屋の店長、父親の調理師とは異なるが、同じ外食産業の一員なのは間違いない。そう解釈を成り立たせた。
「何やかや言っても、子供って親の生きざま見せつけられて育ってるんだからね」
 悟りきった口調の妻。そりゃそうだよな。長女は介護福祉士、次女は保育士で、保育士をしながらボランティアにもいそしんだ母親のあとを、しっかりと継いでいるのだから
妻のどや顔も不思議ではない。
「大局的に考えれば、父親の仕事をなぞってくれてるんだ。やっぱり俺の息子なんだな」
 自分を納得させても、複雑な心境のままだ
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック