雨あめフレふれ

「慈雨」は、私の中では死語だった。
 初めて米作りに励んだ年は空梅雨で、夏になっても雨は降らなかった。前年に町暮らしからUターンしたばかりで、高齢の父から手ほどきを受けて、田植えまでは順調だった。
(米作りって簡単じゃないか)
 変な自信を持ったころから、リズムは狂い始めた。除草や肥料、農薬などの散布などは、思い通りに進んだが、自然はへそ曲がりだった。雨が降らない。田植えからしばらくはため池の水で賄われたが、徐々に取水制限となり、どうしようもない事態を迎えてしまった。
 カンカン照りが続き、田んぼはひび割れた。毎日稲の生育を見回るが、枯れる寸前に思えた。その惨状にため息をつくばかりだった。
 もう駄目だと覚悟を決めたとき、台風が日本に上陸した。雨台風だった。豪雨でかなり被害が出た。しかし田んぼの稲が生き返るのを目の当たりにして、思わず目が潤んだ。
「慈雨」は、自然の恵みだったと感謝した。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック