アルバムに

物置に昔のアルバムがいっぱいある。
写真が趣味だった兄が、
なんやかやとパチリパチリ!やってくれたものを
多く貼ったものだ。
 その兄は二十年前に亡くなった。
だから物置にしまってあるアルバムの写真は、
二十代三十代のものが殆どで、
私の青春時代が溢れている。
時々引っ張り出すと、
一枚一枚じっくり見入り、
懐かしさに目を潤んでしまう。
 ただ悲しいことに、
二人きりの兄弟なのに、
ツーショット写真があまりにも少ない。
撮影者は兄、当然そうなる。
もっと昔のものなら。
表紙に家族と記したアルバムに、
兄と並んだ写真が数枚、
丁寧に貼られてある。
年子の兄弟で
仲がよかった小学生の頃のものだ。
写真が贅沢な時代なので、
白黒のミニサイズだが、
兄の記憶はちゃんとそこに残っていた。
 老後を迎え、
昔のアルバムに思い出のストーリーを描く機会が、
随分増えた気がする。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック