正月への思い

新しい年を迎えると、
神棚へ祭る鏡餅の前に
祝い箸の袋を並べる。
晦日に家族の名前を
丁寧に書いておいたものだ。
擦った墨を筆に含ませて
書きあげる。
家族一人一人の顔を
思い浮かべながら
幸せを手にする作業である。
祝い箸の出番は元旦の朝。
家族が顔をそろえて頂く
雑煮が初箸となる。
続くおせち料理も
祝い箸はきちんと
役割を果たしてくれる。
丸みを帯びて
削られたシンプルな箸だが、
家族の健康と
幸せを祝う場には
ぴったりの趣き。
「あいつら帰って来るかな?」
「仕事じゃ
無理いえないからね」
 昨年のみそか。
妻と
なんとも寂しい会話を交わした。
「祝い箸、
いくつ用意しとく?」
「決まってるでしょ。
我が家は
六人家族なの」
「うん……そうやな、
六人や」
 複雑な思いを飲み下して、
子供たちの名前を書き上げると、
なぜかウルっと来た。
 子供は四人。
数年前までは家族六人、
食卓はいつも賑やかで
楽しかった。
もちろん正月の朝は、
自分の名前が
書かれた祝い箸を、
競い合うように
手にしたものである
名前の書かれた箸袋は、
誰もが大切に扱った。
三が日は洗った箸が
大事な役を務めてくれる。
口に出さなくても、
家族はみんな、
顔をそろえて
新しい年を迎える意味を
心得ていた。
祝い箸はその象徴だった。
数年前から
新年を祝いあう家族は
少なくなった。
名古屋のほうで働く
息子二人は
正月もなく忙しい職場。
結婚した長女は
嫁ぎ先で新年を祝うのが
当然となった。
それでも
我が家の祝い箸は、
必ず六膳
用意を欠かさない。
「今年もわが家族に
平穏で幸せな暮らし、
頂かせていただきます」
 神棚に礼をささげ、
家長から順次
祝い箸と
お供えの干し柿などを
押し頂いた。
厳かな心を味わう
ひと時だった。
妻が続き
末娘が〆る。
「今年も三人家族やな」
「ううん、
ちゃんとあの子らも
一緒に
正月を祝ってくれるよ」
 テーブルに並ぶ
祝い箸は六膳。
子供らの名前は、
はっきりと読めた。
「あけましておめでとう。
今年もよろしく」
 新年のあいさつを済ませて、
自分の祝い箸を手にする。
箸袋を外して、
真新しい白木の
優しい形状の箸を
手にすると、
目を閉じた。
瞼の裏に
賑やかしい家族団らんの
図が蘇る。
その手に
祝い箸が踊っていた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック