親の欲目?

中学のとき
長男はバレーボール部。
人気の部だけに、
父兄の熱の入れようは
すごかった。

練習試合や大会を迎えると、
保護者は原則的に
試合会場へ
駆けつけなければならなかった。

「親御さんの熱意が
生徒の持つ力を引き出すんです」
熱心な顧問である先生の力説に
誰も異論を挟めなかった。
生徒以上に
親の熱意が問われた。
保護者会会長の子供は
当然のごとく
キャプテンに選ばれていた。

そんな中、
わが夫婦は
喫茶店をふたりで切り盛りしており、
保護者会を
優先させるわけにはいかない。
それに部活動は
生徒が頑張れば
充分という考え方から、
無理はしなかった。

それが影響したのか、
長男は最後まで
試合に出る機会は得られなかった。
試合の見学に出向いたとき、
試合前に練習する息子の技量が
劣っているとは
見えなかったのだが……?

部活動は学びの一環として、
生徒に公平な
機会が与えられるとの期待は、
見事裏切られた。
部活動は
義務教育の範疇では
なかったらしい。
画像

赤塚不二夫の
レギュラーキャラクターのひとり
チビ太を主役に据えたマンガ。
手にしたおでんが、懐かしい。
ハチャメチャ漫画の
第1人者だったなあ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック