詩のようなもの

ひょいと
頭に浮かんだりする
息子の顔
もう五年会っていない
だから
照れくさそうな笑顔は
あの日のもの
遠くで就職した
息子の旅立つ日の笑顔
いま
会っても
もしかしたらわからないかな……?
いや、
親子って
そんな希薄なものじゃない


とりとめなく
大人のマンガを
引っ張り出しました。
青春時代、
漫画サンデーや漫画読本、コミックパンチなど、
薄っぺらな週刊漫画誌を
本屋さんでこっそりと立ち読みしたものです。
中でも惹かれたのは、
清酒「黄桜」のCMでカッパがユニークだった
小島功氏の作品です。
その独特の画風に
何度となく心を和ませられました。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック