ドラマチック

NHKのプレミアムドラマ
「奇跡の人」を観た。
BSで放映されていたものだ。
BSは我が家では観られない
地上波だけの契約。
それだけで十分すぎる。
大体NHKの番組をみることはほとんどない
大河ドラマも朝ドラも観ない。
もちろん
民放のバラエティも毛嫌いしてる。
観るのは
洋画劇場と深夜の外国ドラマに
時々韓国ドラマ。
日本のドラマは
あまりに身近すぎて理屈っぽいので
しんどくなってしまうからだ。

そんなわたしでも
番組で紹介されたストーリを読んで
ものすごく惹かれてしまう
日本ドラマがある。

「奇跡の人」は再放送になる。
BSでは好評だったヒューマンドラマだ。
見えない聴こえない話せないという
三重苦を運命づけられた幼女海ちゃんと
元ヤンキーの若い母親花さんに
ロックに生きる馬鹿な若者イッタクとの奇妙なかかわりを
絶妙なストーリー展開で描かれていく。

その昔、
舞台の「奇跡の人」(奈良岡朋子のサリバン先生)で
涙したことを思い出す。
なんと3度も観劇したほどの感激をいただいたのだ。

そんなわたしが
再び「奇跡の人」に心を奪われている。
わたしも単純バカというわけだなあ。

ともかく
久々の日本ドラマに回帰中なのだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック