おい、おい、老い!・完結

そんなコーナーすら、哲郎は知らなかった。

「半額の弁当買い始めたら、もうやめれんど。

味もなんも変わらんのに、半額やど、半額」

 独断的な辻本のアピールに哲郎は抵抗なく頷いた。

「惣菜かて半額やったら、タダみたいなもんやがな」

 タダではない。

それでも納得はできる。

「あれ、別嬪さんやろ……!」

 十一番レジが辻本の視野にあった。

「まあ……そやけど、化粧がきついわ。

目のふち黒うて、まるでタヌキやがな」

 スタイルはいいが、客に対応する彼女の化粧は、かなり濃い。

「そないいうけど、ええ子やがな」

 辻本は聞く耳を持たぬ。

「あの子の方がええな」

 思わず口を滑らせた。

ちょうど、十一番レジに近寄る、がっしりタイプの女性スタッフに目がとまった。

痩せぎすではない、好みのタイプだった。

「どれや?」

「タヌキのレジや。

交代するんかな」

「へぇー?あの子け?

小太りやし、女らしい丸みがないわ。

下駄みたいな顔しとるがな」

「それがええんや」

 哲郎は彼女から目を離せなかった。

もしかしたら辻本の対抗上、彼女に目を奪われたのかも知れない。

それでも見れば見るほど、心が騒ぐ。

久しぶりに味わう高揚感だった。

「弁当売り場へ行くか」

 辻本は、よっこらしょと立ち上がった。

 とんかつ弁当は残り一個。

辻本はほくそ笑みカートに取りのけた。

それを裏返す。

「なんで?」

「半額シール、知り合いに見られたら恥ずかしいやんけ」

 のけぞった。

半額弁当を狙うお得意さんの言葉ではない。

辻本のプライドは健在らしい。

「おい。

あの子の目。

吊り上がっとるど」

 レジを通った辻本は性急に報告した。

まるで鬼の首を取ったかのように目を輝かせている。

また対抗心がムクムクと頭をもたげた。

「そない吊り上がっとらんやろ。

何ともいえん可愛いキツネ目や」

「ほうけ。

わしの好きなタヌキに、あんたのキツネやな。

こらええわ」

 辻本は笑う。

哲郎もつられて相好を崩した。

 ISスーパーは哲郎の息抜きと刺激のスペースとなった。

行けば、必ず辻本と会える。

半額弁当のお得感も味わえる。

その上レジの彼女に会えるのが最高に楽しい。

正確にいえば、眺めるだけの高嶺の花(?)だった。

……キツネ目の女と……!頭の中で逞しくなる想像が、青春回帰につながる。

「はん、嬉しそうやな」

「ああ。

彼女、今日はしあわせそうな顔しとる。

なんぞええことあったんやろか?」

「あほらし!

それよか、ええ情報あったど。

タヌキなあ、結婚してこども三人おる。

この間、食品売り場を家族揃って買い物しよったとこに出くわしてのう。

イケメンの旦那や」

「興味ないわ」

「ほなら、キツネのこと教えたろか」

「いらん!なんも知らんほうがええ……」

 哲郎は思う。

白髪頭のおじいちゃんの淡い片想い、それでいいと。

目の前で元気に働く姿を見せてくれれば、それでいい。

だいたい、哲郎自身がいつまで健康でいられるか保障の限りではない。

もう随分お年寄りなのだ。

「……キツネは……のう……」

 辻本の声が、どんどん遠くなる。

 キツネ目の彼女は、きびきびと客をあしらっている。

いつも笑っているようで、時々むっと怒ったりする。

まだ若いのだろう。

……(結婚しとるんかなあ?)

 哲郎は幸せ感に酔った。

そろそろ半額の時間だ。

甘いものも半額になる.

家族に、黒糖饅頭を買って帰るか。

哲郎が心をときめかせられる、つかの間の時間は、もうすぐ幕を降ろす。                  (完結)
画像

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック