うん、よくわかる

老人を自覚前向きに生きる

 今年から老人会の世話役を務めている。年齢の順番だが、れっきとした老人であることを自覚させられる。
「はぁーっ…!」
 とため息が出る。
 年会費を集めに回ると、今年から老人会に入った男性が戸惑いを隠さない。
「まだ早いやろ。気が重いわ」
 うん、よく分かる。
 わたしも老人科にお呼びがかかった時、同じ思いに囚われた。
 とはいえ、加齢は止めようがない。潔くそれを認めないと、実年齢と意識のギャップにもてあそばれるはめに陥る。
 自分が高齢者の仲間入りをしたことを素直に認めるしかない。
 なにも老け込めとは言っていない。年齢に応じた無理のない生き方に目覚めるべきだ。
 前向きに日々を充実させて、興味の幅を広げ、仲間との絆をしっかりと結ぶ。
 その姿勢が高齢者に新たな生きがいを与えてくれる。
 まずは老人会の世話役を滞りなくこなそう。次へのやる気を生み出すために必要なことだ。
‘神戸・2014・8・15掲載)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック