娘が受けた素晴らしい授業

娘が受けた素晴らしい授業

 小3の娘がうれしそうな顔で言った。
「お父さん、わたし、この頃やる気出て来たんだ。もっともっと頑張るね」
 こんなことを自分で言ってくるのは初めてだった。自分で言って照れている様子がおかしくもあり、かわいくもあった。
 小2のころ、オドオドしがちだった娘が明るさを取り戻したのは、1年間受け持って貰った担任の先生のおかげと分かっている。
 人前ではすごい緊張をして、何もできなくなってしまう娘である。だから学校で自分らしさを発揮できないで殻に閉じこもりがちだった。そんな娘から根気よく、表には見えにくい、いいところを引き出してもらえたようである。
「先生の授業、とてもおもしろいから大好き!」
 この1年、何度も娘はそう教えてくれた。
 その回数が増すとともに娘の明るさも増した。
 そんな指導をいただいた先生に感謝するとともに、娘の小4生活にも、またいい出会いが訪れればいいなと願う父親である。
(神戸・1993・4・2掲載)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック