コメつくりの将来不安

コメ作りの将来不安

 亡兄が精を出していた稲作を今年から引き継ぎ、コメ作りの大変さを身を持って知る事となった。
 コンバインで稲を刈りながら、日本のコメ作りはどうなるのかとふと考える。輸入自由化がとりざたされる中、日本のコメは風前の灯という先入観もあった。
 隣近所の田圃で作業をしているのは、ほとんど高齢者である。このまま安いコメが輸入されると、まず日本のコメは作られなくなるのではと不安になる。
 関税化や自由化になっても、米作農家が希望を失わずに作り続けられるような方策が講じられればいい。だが、政府が見せた関税化反対のかたくなな姿勢では望み薄である。
 実際にコメ作りを体験してみて、日本のコメの将来が、わが事のように気になり始めた年だった。
(讀賣・1991・12・30掲載)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック