父と子の通園スナップ

父と息子の通園スナップ

 末の男の子が、今年から幼稚園に。そして、わが家恒例の徒歩通園が始まった。
 幼稚園まで片道40分ほどをテクテク歩く。
もちろん父親の小生か、母親の妻が手をつないでのお供となる。
「徒歩通園とは、いいことやらせてですね」
 なんて声を掛けられたりして面映ゆいが、ごく自然体なのだ。
 上の男の子の時は気負い過ぎたせいもあって、7か月しか続かなかった。今度は体任せ天候任せ、無理をせず、自分の運動がわりに歩いているから、少しは記録も伸びるだろう。
 ちょうどいい季節で、タンポポやレンゲが咲き誇るあぜ道などを歩く。コンクリートの道にはない風情を独り占めしながら歩くなんて最高の気分で、鼻歌まで出る。
 帰りはちゃんと道草を食う。タンポポ切りや草笛の吹きっこを、童心に帰って幼い息子と楽しむ。それこそ真剣勝負だ!
「しんどいやろが?」
「それはお父さんやろ」
「こいつ言うやないか」
 健脚ぶりを発揮の息子を見守る父親の胸の内は心地好い。遅々とこのきずなづくりは、まずまず順調である。
(神戸・1994・5・16掲載)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック