詩・旧友の電話

級友の電話  

「元気か?」

友人の
声が
耳に響く
ここちよく
30年…前
そのままに

ひょいと
鏡をのぞく
白い髪…シワ…
年を経た
顔が
そこにある

40年―
友情だけが
年を
食わない
それが
不思議だ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック