ゆらゆらゆ~らりゆるぎ岩・その1

ゆらゆらゆ~らりゆるぎ岩  

 リューゴの住んでいる村は、豊かな山々に囲まれた盆地にあります。春、夏、秋、冬と季節が変わるたびに、いろんな表情を見せて楽しませてくれる、深い森がいっぱいの山々です。その山には、ズーッと昔からある神社とか、伝説の場所とかいろいろあるのです。
 リューゴは山の中腹にある『ゆるぎ岩』が大好きでした。小さい頃から、お父さんにしょっちゅう連れて行って貰っています。お父さんは山歩きが大好きなのです。
 リューゴは今年から小学一年生になりました。小さな胸がドキドキしっ放しだった入学式も終わって、リューゴがお母さんと家に帰ってくると、お父さんが待っていました。ニコニコしてリューゴを迎えてくれました。
「おめでとう。リューゴもやっと一年生になったんだな」
「うん。ぼく、一年生なんだ」
 リューゴは得意そうに胸を張って言いました。
「よーし、それじゃ、あの約束を果たしてやろう」
「本当。じゃあ、服着がえてくるからね。待っててよ」
「ああ、いいよ」
 お父さんはポンとリューゴの頭に手をやりました。
 慌てて服を着がえたリューゴは、お父さんと一緒に山へ登りました。もちろん、『ゆるぎ岩』のある山です。でも、きょうはいつもとちょっと違って、楽しいことが待っています。そうですお父さんとの約束が実現するのです。一年生になったら(ゆるぎ岩をお父さんと一緒に揺すってみようか)との約束でした。
『ゆるぎ岩』は四メートルもありそうな、大きな岩がふたつ並んで寄り添っているのがそうです。ひとつは三角おにぎりみたいな形だけど、もうひとつの岩は随分不思議な形をしています。卵を縦に立てたのと同じで、いまにも倒れてしまいそうなぐらい根元が細いのです。でも、絶対倒れたりしません。
「さあ、リューゴ、よく見てろよ」
 お父さんは『ゆるぎ岩』を前にして立つと、リューゴをチラッと見て言いました。
「うん」
 リューゴはちょっぴり緊張気味で返事をします。
 お父さんはパンパンとかしわ手を打って、さあいよいよです。お父さんは『ゆるぎ岩』の表面に描かれてある手形へ手を伸ばしていきます。白いペンキで輪かくだけの手形です。ペッタリとお父さんの手は手形に合わさりました。
「それ!」
 お父さんは掛け声とともに『ゆるぎ岩』を押しました。
 リューゴは固唾を呑んで『ゆるぎ岩』のてっぺんを見つめます。力いっぱい小さなコブシを握り締めました。
 一回、二回、三回……お父さんは『ゆるぎ岩』を押し続けます。
「アッ!」
 リューっが驚きの声を上げました。
「ゆれてるよ、ゆれてる…お父さん!ゆれてるよ」
 リューゴはもう夢中で歓声を上げています。
 お父さんはリューゴを振り返ると、ニヤリと笑いました。
「お父さん、今度はリューゴの番だよ。ちゃんと約束してたんだからね」
「ああ」
 お父さんは大きく頷きました。
 そうなんです。お父さんは去年の夏に約束してくれたのです。
「リューゴが一年生になったら、『ゆるぎ岩』を思いっきり押させてやるぞ!でも、ちゃんといい子にならないと、この岩は絶対に揺れてくれないからな。よーく覚えておけよ、忘れないように」
 だから、リューゴは一生懸命に優しいいい子になろうと頑張って来たのです。
「この『ゆるぎ岩』には、お父さんがまだ子どもだったころよりズーッとズーッと昔から不思議な言い伝えがあるんだ」
 約束をした日、お父さんはこう話しだしました。リューゴ化お父さんの目を見つめて真剣に聞きました。
「もう何千年も昔のことだ。とても偉いお坊さんがこの村にやって来たんだ。空海ってお坊さんだけどな、この村にとても不思議な力で、すごい奇跡をいろいろ与えてくれたんだ」
「へえ、不思議な力?奇跡って?どんな?」
 リューゴは目を真ん丸に見開いて、お父さんをジーッと見つめたまま尋ねました。
(続く)
(1994年8月創作)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック